203 views

 ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』(39)で、17歳にして一躍スターダムを駆け上がり、その波瀾万丈の人生と圧倒的なステージパフォーマンスで、伝説のミュージカル女優として知られるジュディ・ガーランド。再起をかけて挑んだ1968年の冬に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた映画『ジュディ 虹の彼方に』が3月6日(金)に公開される。

先日発表された第92回アカデミー賞では、主演のレネー・ゼルウィガーが見事主演女優賞を受賞!『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)と『シカゴ』(02)で同賞にノミネートされ、この度17年ぶり3度目のノミネートにして初受賞、『コールド マウンテン』(03)で助演女優賞を受賞しているため、主演と助演女優賞を制覇した史上7人目の人物となった。

この度、その美声がいま話題のMattが登壇した公開直前イベントを実施!ジュディ・ガーランドの代表曲である「オーバー・ザ・レインボー/虹の彼方に」をMattによるオリジナルアレンジで披露し、作品についても熱く語った。

 Mattは劇中冒頭での英語のタイトル表記をイメージしたバラ色の蝶ネクタイとハートのネイル、そして全身純白のスーツという、本人こだわりの衣裳で登場した。



映画の感想を聞かれると、「人間ってある意味平等だなと思っていて。有名になるのは素晴らしいけど、そこに至るまでには幸せな事ばかりじゃなくて、人が離れてしまったり、色んな苦労もあったりしますよね。だからこそ、ある意味平等で、有名になることだけが全てではないと思っています。家族や恋人との幸せもあって、仕事が上手くいくと恋愛が上手くいかないこともあって、ジュディの人生は誰しもに通じることがあると思いました」とコメント。本作を観るまでジュディのことは深く知らなったとのことだが、その人生に深く共感した様子だった。

 世界の映画賞で主演女優賞を総なめにしているレネーの演技についてMattは、「歌唱シーンでの唇の震えとか、細かい表情の演技がとても素晴らしい!」と大絶賛!ステージパフォーマンスのシーンについては、「びっくりしたのは肩甲骨!正面からだけじゃなく背中でも語れるように、細部まで表現されていましたね」と、ジュディ本人の特徴でもある、少し湾曲した肩の表現にも注目し、細部まで見入っていた様子だった。

また、60年代の煌びやかなハリウッドのスタイルやメイク、ステージ衣装のドレスなど、ファッションや美容方面でも見所が多数登場する本作。Mattはラストで着用する黒のドレスが特にお気に入りとのことで、「メイクには時代が出ていますね!劇中ではリップも真っ赤に塗って、眉毛も細くて。赤リップは今はやっていますが、眉毛を細くするのは今はまだかな…」と、独自の注目ポイントでコメント。MCから「でもそんなムーブメントを作られているのがMattさんですもんね?」と振られると、「今の僕のが流行ったら困っちゃいますよ(笑)」とすかさず謙遜し笑いを誘った。

 続いて、トークはMattの歌手活動へ。人気音楽番組への出演が話題になったことも記憶に新しいが、今の心境については、「今まで一番長くやってきて、一番やりたかったことでもあったので、それが今活動できていて満たされています。でもこれから継続していかなければならないし、自分なりに表現していきたいと思います」と、今後の活動まで冷静に見通しており、慢心もない様子。

自身のSNSでも、日々素直なメッセージを発信しているMattだが、音楽では普段は言えないような更に素直な気持ちを表現したいとのことで、「歌もメイクも、自信がなかったり、個性をつぶされてしまったりしている人の背中を押してあげたいというテーマが僕にはあって、自信をもって生きて欲しいと思っています」と、ビジョンを熱心に語った。

 家族の反応については、「最初はジェジュンさんのライブにピアノで出させてもらって、大きいライブでやるのは緊張したんですが、やっとできたという達成感もあって、楽屋に戻ったときは母と抱き合って泣きました」と振り返った。元々ピアノをやり始めたのも、父・桑田真澄が肘を故障した際のリハビリを後ろから見ていたことだと言い、「独学で始めたんですが、まさかそれがきっかけになるとは父は思っていなかっただろうけど、嬉しかったみたいです」と、感慨深げに語っていた。

 そして、いよいよ本イベントの目玉である、「オーバー・ザ・レインボー」の歌唱へ。ジュディが『オズの魔法使』以来、生涯歌い続け、今なお世界中で愛されている名曲だ。劇中ではラスト7分でレネーによる感動のパフォーマンスが披露される。



イベントでは、世界的アーティスト・P!NKがカバーしたものを参考にしたという、Mattのオリジナルアレンジで、プロのチェロ奏者の演奏付きという超豪華仕様!英語の歌詞を、圧倒的な声量でビブラートを効かせ、緊張を感じさせない堂々のパフォーマンスを披露すると、会場では大きな拍手が!

 感動しきった様子のMCは、「いやー、もうこの余韻を壊したくない!鳥肌でした!!Mattさんの歌声って、天使に心を撫でられているみたいにヒーリング効果がありますよね!」と思わず興奮を語ると、「とんでもないです!マスコミの方々と距離が近いから緊張しました!」と謙遜。

今回のアレンジについては、「P!NKさんのカバーを参考にさせて頂きつつ歌い方は変えて、原曲も大事にしました。本作は通しでは2回くらい観て、その際のフィーリングだったり、レネーの歌い方だったりもそうですが、ストーリーをしっかり自分の中に落とし込んで、オリジナルでアレンジして歌わせて頂きました」と、作品と歌への思いの強さがうかがえるコメント。移動中や、寝る前の時間など、とにかく自分の中に曲を染み込ませる練習法で、万全の準備を整えてのパフォーマンスとなった。



 多忙な日々を送るMattだが、「時節柄、健康で気を付けている事は?」という質問には「とにかくよく食べるんです。一日4~5食くらい好きな時に好きなものを食べています。あとはストレスを溜めずによく寝ることですね」と、独自の方法を交えた免疫力アップに余念がない。

美容について問われると「お風呂上りに8工程くらいやりますよ(笑)。ふき取り、導入美容液、化粧水3回くらいつけて、美容液二種類くらいつけて、パック3回くらいやる時も、オイルをつけて最後はワセリンです。あれ?9皇帝くらいになっちゃってる?(笑)」と、時間と手間を惜しまない飽くなきこだわりに会場騒然。「パックを待っている最中に写真加工作業やSNSをアップしたりしています」と忙しいMattならではの時間の使い方を披露してくれた。

 一方、新型コロナウィルスの影響で、相次いでイベントが中止になっている昨今。その影響については、「先日TGC(東京ガールズコレクション)に初参加したんですが、無観客での実施でした。でに、大きな会場で歌うのは良いですね!今の時代は配信があるので、お客さんが入った状態の開場の空気感を感じるのは難しいけど、配信自体にリアクションもあって、沢山の人に観られていると実感できましたし、新しい楽しみ方だなと思いました。なかなか外出もしづらい状況ではありますが、家の中ならではの楽しみがあったり、家族と過ごす時間が増えたりいい面もあると思います。マイナスにとらえがちだけど、やれることは沢山あると思うので、プラスに考えて欲しいなと思います」と前向きなコメント。
 
 最後に、いよいよ公開となる本作をこれから観る観客に向けて、「何度も観てしまうストーリーです。ジュディの生きざまは、皆さんの人生にも通じるところが沢山あると思います。歌手とかタレントがどういうことを感じているのか、知ることができる機会にもなると思うので、是非何度も観て欲しいです」と改めてプッシュ。大盛況の中、イベントは幕を閉じた。

公開情報



かつてはミュージカル映画の大スターとしてハリウッドに君臨していたジュディ・ガーランド。しかし、年齢と共に映画出演のオファーも途絶え、今では巡業ショーで生計を立てている。住む家もなく借金は膨らむばかりで、まだ幼い娘と息子をやむなく元夫に預けたジュディは、1968年、ロンドン公演をするために独り旅立つ。

英国での人気は今も健在だったが、いざ初日を迎えると、プレッシャーから「歌えない」と逃げ出そうとするジュディ。だが、一歩ステージに上がると、たちまちディーバと化して観客を魅了する。ショーは大盛況でメディアの評判も上々で、新しい恋とも巡り会い、明るい未来に心躍るジュディだが・・・。

果たしておロンドンで起死回生を果たし、ハリウッドへカムバックできるのか?子ども達と再び幸せの日々を取り戻せるのか・・・?魂のラストステージの幕が上がる!

タイトル:『ジュディ 虹の彼方に』(原題:「JUDY」)
原作:舞台「End Of The Rainbow」ピーター・キルター
監督:ルパート・グールド  
脚本:トム・エッジ
キャスト:レネー・ゼルウィガー、フィン・ウィットロック、ルーファス・シーウェル、ジェシー・バックリー、マイケル・ガンボン ほか
© Pathé Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019  
配給:ギャガ

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード アーティスト映画Matt

アーティストの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!