【取材】神谷浩史「改めて西尾維新の文章を音にする覚悟をした」、『西尾維新大辞展』に圧倒

神谷浩史「怖くなった」オープニングイベントにて語った『西尾維新大辞展』のみどころとは?

神谷浩史 坂本真綾
テープカットの様子②
ここからは、先日行われたオープニングイベントでの様子をお伝え。

まずは『西尾維新大辞展』を実際に見た感想や見所を聞かれると、

神谷浩史さん

「圧倒されましたね。ここに書いてある文字が全て1人の作家によって生み出されたものかと思うと怖くなっちゃって。文字の量が圧倒的すぎて、全く時間が足りなかったですね。」

坂本真綾さん

「想像以上にボリュームのある展示で驚きました。文字と平面だけではなくて、立体だったり、映像だったり、音だったり、いろんな感じ方のできる展示だなと思いました。」

梶裕貴さん

「僕が西尾維新先生の作品に携わらせていただいたのはまだ日が浅いわけですけども、これまでの15年を肌で、そして五感で感じられる展示だなと感じました。」

とコメント。

大ボリュームの展示物や、まさに辞典並の文字量を前に、梶さんは思わず迷子になりそうだったんだとか。

[next_heading title=梶裕貴が神谷浩史にプレッシャー?こだわりがつまった音声ガイド]