17,512 views

いじめという暗い過去を乗り越え、順風満帆な日々を送っていた榎宮祐先生でしたが、2011年5月に26歳の若さで突如「胃ガン」との衝撃の宣告を受けます。

当時、『電撃マ王』で連載していた「グリードパケット∞」の連載を休止し、アメリカで摘出手術と再発予防の治療をスタート。

現在も定期的に治療を受けながら、執筆活動を続けています。

私生活ではガンが発覚した2011年8月に、当時からアシスタントだった柊ましろと結婚。

出典:©榎宮祐(@yuukamiya68)Twitterより
ガン発覚後に発表した本人初のラノベ作品「ノーゲーム・ノーライフ」はアニメ化も遂げた超人気作になり。2017年には新作劇場版の公開も決定しています!

そして暇奈椿先生との合作ラノベとして注目を集めた「クロックワーク・プラネット」が2017年春よりアニメ放映スタート!

漫画家とイラストレーター、そしてラノベ作家とマルチな才能を発揮しています。

通称・榎宮塗りと呼ばれる美麗イラストに注目!

榎宮先生のイラストと言えば、俗に「榎宮塗り」と呼ばれるグラデーションを駆使した透明感のある着色が特徴です。
たとえば榎宮先生の代表作とも言える「ノーゲーム・ノーライフ」の白は、頭頂部が水色でサイドがパープル、毛先はイエローやグリーンなど、まるで虹色のような独特の色彩の髪色で塗られています。

また、榎宮先生は筆が非常に速い作家としても有名。

繊細でクオリティの高いイラストでありながら描くスピードの異常な速さは、ご本人の動画投稿作品「鉄槌の騎士ヴィータを描いてみた【塗り編】」で見ることができます。

1 2 3 4 5>>

3 / 5

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!