15,699 views

ジャニーズ事務所に所属するジャニーズJr.のユニットB.A.D.。関西Jr.の大人気ユニットとしてご存じの方も多いのではないでしょうか?

ユニット名は「Beautiful American Dream」の頭文字をとったもの。

アメリカのショービズ界にインスパイアされたジャニー喜多川さんの愛が込められていますね。

実はB.A.D.には歴史があり、メンバーが入れ替わってきたグループなんです。

現在はメンバーがいなく、活動休止?のB.A.D.ですが、いつかB.A.D.も復活するかも?

本記事では歴代のメンバーを紹介していきます♪

*過去のB.A.D.はメンバーの変動が激しい時期があり、雑誌やテレビ番組でB.A.D.として紹介されるメンバーが変則的でした。比較的固定されていたメンバーを紹介します。

初代B.A.D.メンバーは嵐の二人


B.A.Dの始まりは1998年。雑誌「wink up」にJr.ユニットとして掲載されました。

初代B.A.D.を務めたのは、今や国民的アイドルとなった嵐のメンバー、二宮和也くんと相葉雅紀くんです。

ジュニア時代にはさまざまなユニットに所属することが多いですが、コンビというのはあまり多くはありません。

二人はもちろん関西ジャニーズJr.ではなく東京Jr.。

B.A.D.は最初、東京で結成されたユニットだったんですね。

初代メンバーから第3期メンバーまでは東京Jr.で編成されていました。

その後関西ジャニーズJr.のメンバーでユニットが構成されていきます。

東京Jr.での歴代B.A.D.メンバー


B.A.Dに所属したメンバーはその後デビューしていることが多いことから、将来を期待されていたジャニーズJr.が抜擢されていたことが分かります。

第2期メンバーには田口淳之介くん(KAT-TUN)、赤西仁くん(KAT-TUN)、ジミーMackyくんが所属していました。

第3期メンバーにはNEWSの小山慶一郎くん、加藤成亮くん、現在は俳優で活躍中の長谷川純くん、風間俊介くん、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔くん、A.B.C-Zの五関晃一くん、武内幸太朗くんなどが所属していました。

B.A.D.の歴代メンバー本当に豪華な顔ぶれですが、関西ジャニーズJr.に移行してもそれは変わりませんでした。

関西ジャニーズJr.での歴代B.A.D.メンバー

第4期からは、関西ジャニーズJr.に移行されました。

第4期メンバーは、ジャニーズWESTの中間淳太くん、桐山照史くん、丸山紘史くんの3人が所属していました。その後、丸山紘史くんがB.A.D.を抜けることとなり、暫く桐山君と仲間君の2人での活動となります。

2005年ごろの第5期メンバーは、中間淳太くん、桐山照史くんに2人のメンバー伊藤政氏くん、室龍太くんが加わり4人組となります。その後、伊藤くんと室くんはVeteranという別ユニットへ移籍して活動していきます。

そして第6期でジャニーズWESTの中間淳太くん、桐山照史くんの二人になり、それから長い間、関西ジャニーズJr.の二人組ユニットB.A.D.として活動してきました。

当時の2人は関西ジャニーズJr.を引っ張るTOPユニットだったのは間違いありません。

努力の結果、仲間君と桐山君はジャニーズWESTとしてのデビューをつかみ取りました!

歴史あるユニットB.A.D.


このようにB.A.D.のメンバーを経てデビューを果たした人も多く、嵐からジャニーズWESTまでをつなぐユニットB.A.D.について知ると歴史を感じられて面白いですよね。

ジャニーズJr.内には解散していったグループも含めると70ユニット前後(もっとかも)あったと言われています。

デビュー組級の人気だったグループもありましたね!過去のジュニアユニットの復活があっても面白いかもしれません。みなさんはどのユニットが好きでしたか??

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

NEWSジャニーズWEST

ジャニーズJr.の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!