今日からサク読み!トレタメアプリ


初代B.A.D.メンバーは嵐の二人

初代B.A.D.を務めたのは、今や国民的アイドルとなった嵐のメンバー、二宮和也くんと相葉雅紀くんです。

ジュニア時代にはさまざまなユニットに所属することが多いですが、二人のユニットというのはあまり多くはありません。

二人はもちろん関西ジャニーズJr.ではなく東京Jr.。実はB.A.D.は最初、東京で結成されたユニットだったんです。

初代メンバーから第3期メンバーまでは東京Jr.で編成されていました。そしてそのあと関西ジャニーズJr.へと移行されます。

東京Jr.での歴代B.A.D.メンバー

そのほか、東京Jr.ではデビューした歴代メンバーが多いです。

第2期メンバーにはKAT-TUNの元メンバー田口淳之介くん、赤西仁くんなどが所属していました。

また、第3期メンバーにはNEWSの小山慶一郎くん、加藤成亮くん、ジャニーズJr.の長谷川純くん、風間俊介くん、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔くん、A.B.C-Zの五関晃一くんなどが所属していました。

B.A.D.の歴代メンバー本当に豪華な顔ぶれですが、関西ジャニーズJr.に移行してもそれは変わりませんでした。

関西ジャニーズJr.での歴代B.A.D.メンバー

第4期からは、関西ジャニーズJr.に移行されました。

第4期メンバーは、ジャニーズWESTの中間淳太くん、桐山照史くんなどが所属していました。

第5期メンバーは、関西ジャニーズJr.内ユニットのVeteranの浜中文一くんなどを加えたメンバーとなっていました。

そして第6期でジャニーズWESTの中間淳太くん、桐山照史くんの二人になり、それから長い間B.A.D.として活動してきました。そしてその結果、ジャニーズWESTとしてのデビューが決まったのです。

歴史あるユニットB.A.D.

このようにB.A.D.のメンバーを経てデビューを果たした人も多く、嵐からジャニーズWESTまでをつなぐユニットB.A.D.について知れば、ジャニーズの歴史をたどることができると思います。

1 / 1

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

ジャニーズJr.の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!