5,819 views

月組配属後から徐々にステップアップ!

すっとした顔立ちのザ・男役!というビジュアルが素敵な風間柚乃さん。

組配属後から、すでに出来上がった舞台姿に「あのきれいな子は誰?」と思わず確認してしまった方も多いのではないでしょうか?

本公演の新人公演で初めて役が付いたのは2015年「舞音」。タン役(本役・蓮つかさ)以外にも、賭博場のシーンなどでも熱演し、目立っていたようです。

2016年「NOBUNAGA<信長>」では忠三郎役、新人公演では弥助(本役・貴澄隼人)を演じました。

そして、一気に注目を集めたのは2016年「グランドホテル」のオットー役(本役・美弥るりか)。二番手という初の大役で難役をオーディションでつかみ取りました。

https://twitter.com/mitokondoria_82/status/892346602152579072
https://twitter.com/kinakomochitto/status/839870136915902464
https://twitter.com/ei_ei_oh___/status/839806069568225280

健康的な雰囲気の風間さんにとって、重い病を患った中年男性の役はかなりハードルが高かったかと思いますが、その高い演技力と歌唱力で見事に演じきり大きな話題となりました。

2017年「All for One」ではベルナルド役に抜擢。本役の月城かなとさんに負けず劣らずの美形っぷりを披露しました。

https://twitter.com/tkrzk_mrt/status/908381416051765248
https://twitter.com/noalu56/status/908343952964587521

なんでもそつなくこなす雰囲気の風間さんですが、殺陣は経験が少なく苦戦したようです…しかし、その他の歌はもちろん、笑いの間も演技力でコントロールし、すっかり実力派タカラジェンヌとして認識されています。

今までの配役を見ると、まだ研究科4年目ですが、着実に、そして大きくステップアップしていますよね!

強みは歌は伸びしろアリ!これからの成長が楽しみ!

風間柚乃さんは音楽学校時代に声楽部門の優秀賞に表彰されるなど、歌が強みのタカラジェンヌです。

2016年に行われた「Bow Shinging Workshop~月~」や歌ウマ下級生が出演するスカイステージ番組「うたごころ。」でも素敵な歌声を披露しています。
風間柚乃出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ『うたごころ。#10「美園さくら・風間柚乃」』より
特にうたごころで披露した「勝手にしやがれ」の白スーツにハットという男役らしい衣装で歌い踊る姿は必見です。

今でも、充分歌ウマジェンヌですが、まだまだ伸びしろがある風間さん。学年を重ね、大人の男役として、味のある歌を聞かせてくれるのが楽しみですよね!


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団月組風間柚乃

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!