36,365 views

・愛され系ジェンヌ・和希そら

2010年に96期生として初舞台を踏んだ和希そらさん。入団時の成績が2番だったこともあり、下級生の頃から注目されていました。
和希そら出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組・和希そらプロフィールより2014年「ベルサイユのばら」の新人公演で主演のオスカル役に抜擢。

タカラジェンヌには珍しく、ヒップホップを習っていた和希さんはダンサーとして高く評価されています。ショーなどでのダンスシーンではついつい和希さんを観てしまう…という方も多いのではないでしょうか。

そんな和希そらさんがブレイクしたきっかけは、タカラヅカ・スカイ・ステージの人気番組『Brilliant Dreams +NEXT』で朝夏まなとさんにフューチャーされた回でした。

明るく、愛嬌のあるキャラクターが広まり、一気に愛され系ジェンヌに。上級生になった今でも、“宙組のやんちゃな弟”というポジションをキープしています。

「WSS」での運命的な出会い

宙組 WEST SIDE STORY出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『WEST SIDE STORY』より新生宙組のプレお披露目となった「WEST SIDE STORY」で恋人役を演じた芹香斗亜さんと和希そらさん。

ダンスナンバーが多く、強さが必要なアニータ役は男役が演じるのにぴったりです。そのため和希さんの配役が発表された時も、納得!という方は多かったのではないでしょうか。

和希さんが女役を演じる、というのはもちろん、宙組・芹香斗亜の初の相手役に選ばれたことも大きな話題になりました。

https://twitter.com/ktk_ct/status/931480642113511424

https://twitter.com/Hokuto_sora/status/934395781817102337


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!