瀬戸かずやさん初主演!「アイラブアインシュタイン」最新情報

2016年9月15日(木)~9月25日(日)に上演予定の花組公演「アイラブアインシュタイン」。

こちらは男役としてこのところますます円熟味を増してきた瀬戸かずやさんの初バウホール主演作品となります。

花組ファンとしても意外なキャストと、内容となったこの作品の現在までわかっている情報をお届けします。

花組「アイラブアインシュタイン」はどんな作品?

天才科学者アルバート(瀬戸かずや)が開発したアンドロイドが、人々の生活になくてはならないものになった世の中。

アルバートのもとに、エルザ(城妃美伶)というアンドロイドが助けを求めにやって来ます。

アイラブアインシュタイン

アンドロイドたちに働く場所を奪われた人間達による反アンドロイド運動が活発になるなか、エルザは人間と平和に共存するには自分たちアンドロイドにも「感情」が必要と考え自分にも感情を与えてほしいと言うのです。

そんなエルザに亡き妻ミレーヴァ(桜咲彩花)の面影を見たアルバートは、科学者仲間であるトーマス(水美舞斗)の力を借りながら、エルザに感情を与えようと奮闘します。

ひたむきで純粋なエルザに次第に惹かれていくアルバートに対し、エルザはどうしても「愛」の感情だけは理解することができずにいました。

愛とは何かと問われたアルバートは、ミレーヴァをどんな風に愛していたのか、どんな感情だったのかを伝えようとするが、何故かどうしても思い出せず…。

アイラブアインシュタイン <出典:http://ameblo.jp/lucky-revue/entry-12168310028.html>

人間と人間が開発したアンドロイド。ふたりの間に愛情が芽生えるのでしょうか。

一見難しそうなストーリーに思えますが、「愛」だけがどうしてもわからないアンドロイドであるエルザに感情を教えることにある主人公アルバート、という設定には愛と感動を追求してきた宝塚歌劇ならではの王道作品のエッセンスがつめこまれていながらもドラマティックなストーリーが期待できますね。

期待の主要キャスト!念願の初主演

主人公アルバートは、もちろん瀬戸かずやさん。

瀬戸かずや <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/star/seto_kazuya.html>

花組の舞台ではこれまでその大人の男役らしいルックス、それに身長と包容力のある演技から、渋い役柄から悪役らしいオジサマの役まで幅広くこなしてきた瀬戸さん。

アルバートは天才科学者という奇想天外な役柄ではありますが、もしかしたら草食系?なのかもしれません。

彼の亡き妻ミレーヴァには桜咲彩花さん。

桜咲彩花 <出典:http://www.gokumi.com/gokumi/takaraduka/OsakiAyaka/sequel.html>

可憐でいてしっかりとしたお芝居とこれまで花組娘役の鑑といえる彼女。ミレーヴァはアルバートの過去そのものともいえる難しい役どころですから、彼女の演技がこの舞台の成功そのものにつながっているといっても過言ではないでしょう。

そしてヒロイン・アンドロイドのエルザ役は、城妃美伶さん。

城妃美伶 <出典:http://bonesteel64.rssing.com/chan-53329928/all_p7.html>

先日発表があった花組トップ娘役の花乃まりあさんの退団後、次期トップと予想されている方も少なくないはず。

このところ「アーネストインラブ」、「ミーアンドマイガール」新公、とヒロインを立て続けて演じていることからその愛らしさと歌唱力で瀬戸さんとどんな切ない愛情表現をみせてくれるかに注目です。





「アイラブアインシュタイン」演出は谷貴矢先生

演出を手掛けるのは、この「アイラブアインシュタイン」が初となる演出家 谷貴矢先生。

宝塚に入団前は学生演劇をやっていて、大学時代(18歳)の頃から演劇に携わっていたようです。

これまでに2013年の月組『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』の新人公演、2014年星組『眠らない男・ナポレオン —愛と栄光の涯(はて)に—』、2015年月組『1789』の新人公演を担当しています。

1789 新人公演 <出典:s.webry.info>

宝塚歌劇では大劇場やバウホール、そして新人公演などで演出助手を何年か担当してから、演出家デビューというのが慣例となっていますから、谷先生がどんな作風で、どんな風に花組生たちに新しいカラーをつけてくれるのかは、まだ期待半分不安半分といったところでしょうか。

期待のその他の配役はこれから!

公式サイトのあらすじからは主要キャストにからむもうひとりの気になる配役が読み取れます。

それがアルバートの科学者仲間トーマス。

水美舞斗 <出典:https://jp.pinterest.com/pin/363806476127522873/>

演じるのはマイティこと水美舞斗さん。これからグイグイきそうな期待の男役の一人でもある彼は爽やかな容姿と人柄がにじみ出るような演技も好評ですね。

あきらさん演じるアルバートを支える科学者仲間も彼らしいあたたかい演技が期待できます。

科学と愛がテーマの珍しい舞台

「サイエンス・フィクションラブ・ストーリー」という副題からもわかるように、科学と愛という一見正反対の立場からとらえた恋愛物は宝塚歌劇には少し珍しいタイプの舞台。

どんな素敵な作品として仕上がるか、これからの情報にも期待です。

著者:Seikacat

追加情報著者:トレタメ編集部

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!