前ボーカル来夢が2016年6月19日に脱退してからボーカル不在で活動していたLEZARD(リザード)。

残ったメンバーは「皆の居場所を守る」「新しいボーカルを探す」というファンとの約束のもと新たなボーカルを見つけるために積極的で、HP上では一般からも公募をかけていました。

そして7ヶ月経った2017年1月20日、ついにexALIVEのソラがボーカルになることが発表されました。

そんな期待の新ボーカル、ソラの魅力に迫ります。

ソラのプロフィールについて


ソラ
出典:©Riostar Records / FWD Inc. LEZARD ソラ Twitterより
ソラは2012年6月28日に渋谷スターラウンジから始動したALIVE(アライブ)というバンドで、2016年4月28日に解散するまでの4年間、ボーカルを務めていました。
バンドを始めたのは学生時代にバンドを組んだのがきっかけで、その時からボーカルを担当していたとのこと。

ALIVEのメンバーになったのはベースのるゝからアメブロでメッセージが届き、セッションに誘われたことがきっかけだったそうです。
5人バンドのALIVEは、髪色や衣装がカラフルな見た目で、フリのある曲も多いキラキラ系バンドでした。

ユナイトのボーカル結とも交流があり、2016年4月25日、SHIBUYA-REXで解散前にユナイトとALIVEでツーマンをしたこともあります。

尊敬するアーティストはJanne Da Arc。
お酒をあまり飲むのが得意ではないらしく、お酒であればカルーアミルクなどの甘いカクテル系、普段はスタバを好んで飲んでいるそうです。

ALIVEソラとして最後に更新されたブログには、解散当日のライブの心境や、応援してくれたファンへの気持ち、この先の進路について「今後は音楽を続けたい気持ちはあるが何も決めていない」といった内容で締めくくられていました。

ソラがLEZARDのボーカルに選ばれたワケ


ソラ
出典:©Riostar Records / FWD Inc. LEZARD ソラ Twitterより
ソラがLEZARDのボーカルになったのは、元々曲を普段から聴いていたほど個人的に好きなバンドであったこと、さらにボーカルを探していたメンバーたち本人から直接勧誘を受けたことが理由だそうです。
その連絡をもらったときは、当たり前ですが本当に驚いたそうです。ちなみにLEZARDもALIVEと系統的には同じ、フリが多くてノリのいい曲も多い、ライブが楽しいキラキラ系バンドです。

しかし誘いをもらって嬉しかったことはもちろんですが、好きなバンドだったからこそ、そのバンドのボーカルになるというのは責任が大きく、すぐに決断することはできなかったそうで、何度も話し合いを重ねたとのことでした。

話し合っていく中で、LEZARDが目指すものややりたいことが自分の気持ちと同じだということに気づき、挑戦したい気持ちとまだ心に残っていた不安をメンバーに打ち明けたところ、公佑、TACC、natsumeに「この4人で作っていくLEZARDの未来を信じる。一緒に作っていきたい!」という言葉をもらい、3人に応えたいとの思いからボーカルになる決意をしたそうです。

「少しずつでもいい。僕がセンターに立つことを受け入れて欲しい。そして、みんなの力を貸して下さい。3人がそうだったように、僕はみんなと繋いだ手を絶対に離しはしない。LEZARDのファンでいて良かったと思えるように、僕がDAPPYのみんなを引っ張って行きます。」と公式サイトではソラの決意が加入コメントとしてしっかりと書かれているので、そちらも要チェックです。


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード V盤ヴィジュアル系LEZARD

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!