トレタメ記事内画像について


5,171 views

再ブレイク中で実写映画化もされた『 寄生獣 』の映画と原作の違いは?

寄生虫


再ブレイク中で実写映画化もされた『 寄生獣 』の映画と原作の違いは?

人間に寄生する“ 獣 ” 突如として現れた人間に寄生し、その人を乗っ取ってしまう生物「 寄生獣 」。そんな寄生獣に右手を奪われてしまった新一と、その高い知能を持ちながら新一の右手として生活を続けるミギーとの奇妙な“ 同棲生活 ”を描いた作品です。

アニメ化、映画化された懐かしのマンガ アニメ「 寄生獣 セイの格率 」が 2014 年の 10 月から放映され、実写映画となる「 寄生獣 」が 2014 年 11 月に放映され、 2015 年の 4 月に「 寄生獣 完結編 」が公開予定となっている、この寄生獣ですが、実は 1988 ~ 1995 年ごろに連載されていた古いマンガです。 グロテスクな描写もありつつ、テーマ性の高さから今尚人気の高い寄生獣。 そのマンガと映画にはどのような“ 違い ”があるのでしょうか?

「 寄生獣 」そのマンガと実写映画の違い


主演は染谷 将太で演じられ、ファンが気になるところの寄生生物であるミギーは、なんと声・パフォーマンスキャプチャーを阿部 サダヲが演じるという力の入れようです。他にも深津 絵里ピエール 瀧などの豪華俳優が脇を固める実写版の寄生獣ですが、マンガとは一部大きく異なる設定があるようです。

まず、原作では空から降ってくるとされていたパラサイトたちが、深海から浮上するという風に変更されていますし、父親と母親の3人暮らしだった新一は母子家庭という設定に変更されました。

また原作版では知的なイメージが強かったミギーも実写版ではおしゃべりで、どこかユーモラスな雰囲気に。最新のパソコンや、インターネットを使って調べ物をするようにもなりました。

寄生獣

さらに敵であるパラサイトとの戦い方も、新一の学校の剣道部や弓道部の練習を見学して戦い方を覚えたという風に変化が加えられており、原作で島田秀雄にトドメを指したシーンでは弓に変形するなど、戦い方にも変化が見られました。

そして、気になる物語の展開ですが実写版の寄生獣はテーマが「 生物としての人類、人類としての母 」というテーマに絞られ、完結編のラストも監督曰く“ 希望にあふれた喪失感 ”を感じるはずとラストも変更されるのでは、との噂も。 根強いファンからは抵抗があるようですが、原作を知らない層からは高評価の実写版『 寄生獣 』の完結編のラストは一体どうなってしまうのでしょうか!

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!