今日からサク読み!トレタメアプリ


水木しげるの漫画が原作の国民的アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。2018年4月より、待望の第6シリーズがスタートしました!

声優陣も一新され、鬼太郎役を沢城みゆきさん、目玉おやじ役を第1作・第2作で鬼太郎を演じていた野沢雅子さん、ねずみ男役を古川登志夫さん、といった豪華キャスト陣が演じています。

TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』はとても歴史のあるシリーズ。子供の頃に見ていた思い入れのあるシリーズも、人によってそれぞれだと思います。

1960年代→第1作
1970年代→第2作
1980年代→第3作
1990年代→第4作
2000年代→第5作
2010年代→第6作
New!!

『ゲゲゲの鬼太郎』といえば、ずばり妖怪!

怖くて怖くて、でもなぜか憎めなくて、かっこいい、かわいい、面白い……そんな魅力的な妖怪たちがたくさん登場しますよね。

というわけで今回は、「『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!」と題し、妖怪たちの強さに焦点を当てながら、これまでアニメに登場してきた妖怪たちを紹介していきたいと思います!

ではさっそく参りましょう!

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【12位】見上げ入道(みあげにゅうどう)


息を使った攻撃を繰り出す妖怪、見上げ入道。人間を吸い込んだり、突風を吐き出したりします。第6作の2話では、コンサート会場にいた5万人近くの観客を一気に霊会送りにしました。

元々は新潟(佐渡島)に伝わる妖怪で、見上げれば見上げるほど背が高くなり、見上げた人は後ろに倒れてしまうという「見越し入道」の一種。


「ゲゲゲの鬼太郎」の全シリーズに登場する常連です。ちなみに、馴染み深い一つ目の容貌は、本来は全く別の妖怪「青坊主」のものとなっています。

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【11位】半魚人


鬼太郎シリーズにたびたび登場する半魚人。第2作13話では、巨大イカに鬼太郎を食わせ、「かまぼこ」にして売りさばいてしまいます……。

何とも言えないやり口ですが、ある意味最強かもしれません。ちなみに第3作、第4作では、かまぼこではなく真珠に変えられてしまいます。

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【10位】輪入道(わにゅうどう)

<輪入道(画像左上)>


炎に包まれた車輪に、入道(坊主頭の妖怪)の顔がついた妖怪。口から炭素化光線を出し、生き物をダイヤモンドに変えて喰ってしまいます。アニメ第1作から登場し、時には鬼太郎の仲間としても戦いました。

自動車や機関車の車輪としても機能するなど、その汎用性も最強ポイント。



1 2 3 4>>

1 / 4

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!