176,273 views

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【3位】がしゃどくろ


巨大な骸骨の妖怪として有名ながしゃどくろ。死者たちの骨や恨みが集まって生まれた妖怪です。夜中にさ迷い歩きながら、生者を襲っては握りつぶして食べてしまいます。

第5作2話では刑場跡のビルに現れ、生者を飲み込んでいきました。ただし根っから悪い妖怪というわけではなく、最終的には慰霊碑を立てて供養したことで、現世には現れなくなります。


歌川国芳の浮世絵「相馬の古内裏」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実際には1960年代以降に創作された妖怪だそうです。

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【2位】バックベアード


『妖怪大戦争』において、ドラキュラ、魔女、狼男、フランケンシュタインなど大勢の妖怪を引き連れた「西洋妖怪の総大将」として登場しました。アメリカの妖怪という設定ですが、実際には日本で創作されたオリジナルの妖怪です。


黒い球体に浮かぶ一つ目は、見るだけで催眠術にかかってしまい、鬼太郎ですらも操られてしまいます。

弱点は「目」。最強のボスキャラですが、弱いところは丸出しです。

『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!
【1位】牛鬼(ぎゅうき)


「牛の角を持つ鬼の頭」に、「巨大な蜘蛛の胴体」という姿で登場。本来は気体のような姿なのですが、生き物に憑依することで、牛鬼となり暴れ回ります。

牛鬼には厄介な特性があり、それが「牛鬼が殺された場合、牛鬼は殺した者に憑依し、新たな牛鬼となる」というもの。鬼太郎が牛鬼を退治したとしても、逆に鬼太郎が牛鬼となってしまうのです。牛鬼が最強の妖怪と言われるのも、この特性が理由でしょう。


その後は、迦楼羅という神様に祈ることで、ようやく牛鬼を封じることに成功します。鬼太郎たちの力ではどうにもならない、最強の妖怪です。

強さだけじゃない?「ゲゲゲの鬼太郎」の魅力的な妖怪たち

ゲゲゲの鬼太郎出典:©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション 「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)公式(@kitaroanime50th)Twitterより
さて、「『ゲゲゲの鬼太郎』最強の妖怪ランキング!」をお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?子供の頃にトラウマになった懐かしい妖怪もいたことでしょう……!

もちろん、妖怪の魅力は怖さや強さだけではありません。特に鬼太郎の味方には、善良でユーモアあふれる妖怪たちも数多く登場します(猫娘、砂かけ婆、子泣き爺、一反木綿、ぬりかべ、小豆洗い、のっぺらぼう、丸毛、などなど……)

イタズラ好きな可愛らしい妖怪や、意味不明な行動をする面白い妖怪たち……ぜひお気に入りの妖怪を見つけてみてください!

1 2 3 4

4 / 4

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!