7,401 views

キラキラとした輝きで、舞台の端っこでも輝いている宝塚歌劇団の若手役者たち。

最近特に際立つのが第100期生のめざましい活躍です。記念すべき年の入団生たちは、現在研究科4年生。

娘役では星風まどかさんが宙組トップ娘役に選ばれたほか、華優希さんが「はいからさんが通る」のヒロインに抜擢されるなど、活躍ぶりは見事なものです。

男役も少しずつ頭角を現しはじめ、星組の極美慎さんは現在公演中の「ベルリン、わが愛」の新人公演主演に選ばれました!

そうです。今回クローズアップするのは、極美慎さん。

彼女のこれまでの活躍、今後の展望について目を向けていきましょう!

100期生初、男役で新人公演主演に大抜擢!

極美慎出典:©宝塚歌劇団 公式HPより
前述したように、極美慎さんは宝塚歌劇団の100期生。

宙組の星風まどかさん、月組の蘭尚樹さん、風間柚乃さん、星組の天彩峰里さん、花組の聖乃あすかさんなど、新人公演、本公演とともにさまざまな活躍をみせるそうそうたるメンバーたちがそろっています。

その中でも、活躍が目立つ極美慎さん。新人公演主演は100期生初となります。

175cmの長身、驚くほどの小顔、モデル以上のモデル体型で、舞台のどんな端っこにいても際立つ容姿。「あのかっこいい子、誰?」と注目を集めており、着々と役付きも上がっています。

これまでの舞台歴を振り返ってみましょう。

2015年、星組に配属となってすぐ「ガイズ&ドールズ」に出演。水兵の役などで活躍し、新人公演では若手ホープ紫藤りゅうさんの役を演じています。

2016年には礼真琴さん主演のバウホール公演「鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-」にも出演。

今年2017年に入ってから、役付きはググッと上がり、「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演ではヒロインの弟という役どころ、瀬央ゆりあさんが本役のアルマン・サン・ジュスト役を演じました。

また、宝塚特別チャンネルの宝塚スカイステージの番組「うたごころ。」にも出演。
極美慎出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ「うたごころ。#11「天彩峰里・極美慎」」より

GReeeeNさんの「キセキ」を歌い、爽やかイケメン男役を印象付けました。歌を中心とした番組に選ばれるということは、安定した歌唱力を持つということを証明していますね。

一緒に出演したのが同期の天彩峰里さんで、二人がじゃれ合う可愛い素顔も見ることができました。浴衣姿や学生服で二人がデートする様は少女漫画のようで、ときめきで溢れていました。

現在の「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」でも、さまざまな活躍を見せており、注目度はどんどん上がっています。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団星組極美慎

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!