今日からサク読み!トレタメアプリ


皆さん7月の3連休はどのようにお過ごしでしたか?トレタメ編集部は7月16日(土)に初開催された【ここにしかないふぇす】へ行ってきました♪

ここにしかないふぇす
ロックバンドのみならず、渋谷界隈のパーティーピーポーを引率するDJたち、コスプレ大会までもある?!という新感覚のフェスは謎に包まれていました―…。行けないけど存在は気になっている、そんな人が多かったのではないでしょうか。

ジャパニーズカルチャーの最先端をいく3つのジャンルが確かに集結した「ここにしかない」1日を目の当たりにしたトレタメ編集部がその模様をレポート!

鳴ル銅鑼 <撮影:トレタメ編集部>

ないるさんらが出演したコスプレ大会の模様や、鳴ル銅鑼・MOHAMEAD(モハメド)らが見せた熱いライブ、山梨のオーディエンスをも虜にした渋谷の兄貴・あっくんらのパフォーマンスetc…。

ここ、トレタメでしか見られない写真も満載でお届けしますよ!

1.初開催【ここにしかないふぇす】のアットホームな会場風景


都内某所にあるトレタメ編集部から電車を乗り継ぎ、1時間半ほどで山梨県甲州市・塩山駅に到着。(塩山駅のひとつ手前にある「勝沼ぶどう郷駅」を通った時には『あっ、ぶどう狩りしたい…!』と電車を降りそうに…(笑))

塩山駅から無料シャトルバスに揺られ、いくつもの「もも直売店」の前を通り過ぎ、ようやくここふぇす会場である神すた広場に到着。

山々に囲まれた自然豊かな会場はアットホーム感満載。

ここにしかないふぇす <撮影:トレタメ編集部>

ここふぇすでは2つのステージを用意。DJ出演やコスプレ大会が行われる"Country STAGE"はコテージのデッキの上に設置されており、その名の通りカントリーな雰囲気に。

若手ロックバンドが名を連ねたメインステージ"Cocofes STAGE"は、山、そして初夏の太陽を背にした野外フェスの魅力が詰まったつくりになっていました。

ここにしかないふぇす <撮影:トレタメ編集部>


そして我々トレタメ編集部は山梨の大自然にあってはならないあのビル(?)を発見。

ここにしかないふぇす <撮影:トレタメ編集部>

ここはセンター街だったか…!?と目を疑った「KAMIKANE 109」の文字(笑)こんな遊び心が会場作りには欠かせませんよね!


ステージの間にはフードエリアが広がっており、みんなの憩いの場に。

ここにしかないふぇす <撮影:トレタメ編集部>

ここにしかないふぇす <撮影:トレタメ編集部>

愉快な店員さんたちが繰り広げる呼びかけの声に笑いが起こっていたりと、終始和やかな雰囲気が漂っていました。




1 2 3 4>>

1 / 4

この記事をみんなにシェアする

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!