99,783 views

韓国の音楽番組地上波で1位を獲得することは、KPOPアイドルにとっては思った以上に高い壁。

デビューしたグループの中でも、音楽番組で1位を取れるグループはほんの一握りだとも言われています。

そこで今回は、これまでデビューした全ボーイズグループで地上波1位を獲得するまでにかかった日数をランキングにしました。

番外編では、1位を獲得したもののかなりの年月がかかったグループも紹介します!


【第26位】防弾少年団(695日)


2017年ビルボードにて韓国人アーティスト初の賞を受賞した最高峰の7人組ボーイズグループ、防弾少年団(BTS)。

彼らが1位を獲得するまでには、約2年(2年まで残り35日)の年月がかかりました。

デビュー当初は無名事務所であったためにプロモーションに苦戦したものの、メンバーが各々の実力と魅力を最大限にアピールし、2013年のデビューからわずか4年でK-POP界の頂点に君臨した真の実力者集団です。

韓国の兵役法改正(通称BTS法)について解説!BTS以外のアイドルにも適用される?

【第25位】Click-B(680日)


1999年8月7日にデビューしたボーイズバンドの魁であり、レジェンド的存在のClick-B(クリックビー)。HOTやSECHSKIES、神話と共に時代を彩ったグループで、「韓国アイドルバンドの元祖」とも言われています。

現在の若い世代の方には馴染みのないバンドですが、当時の人気を一言で言うならば、日本の国民的アイドルグループ「嵐」(2003年当時)と同等と言えるほどでした。
1位を獲得するには、約2年(2年まで残り50日)の年月がかかりましたが、バンドグループから途中でダンスグループに切り替えてもなお衰えない人気に、メンバーの多彩な才能が光る伝説的グループです!


【第24位】2AM(577日)

2AM
出典:©JYP Entertainment 2AM Official Twitterより

2008年にデビューしたJYPエンターテインメント所属のバラードアイドルグループ、2AM。

兄弟グループ「2PM」とともに、ONE DAYとしても活動していました。

2014年に契約満了、事務所変更により事実上解散になったグループですが、メンバー全員が圧倒的歌唱力を誇り、当時のバラード歌謡界に衝撃を与えた「神の歌声」というキャッチコピーを持って今うs。

バラエティー向きの陽気で明るいメンバーの人柄にファンも多く、バラード歌手の概念を覆す多方面での活躍が目立ちました。

1位獲得までには1年半と32日の年月がかかりましたが、少女時代を抜いて「죽어도 못보내(死んでも送れない)」で初の1位を獲得した時は泣いて喜び合ったそうです。


【第23位】TEEN TOP(574日)

TEENTOP
出典:©TOP Media TEENTOP Official Twitterより

デビュー当時、BEASTや2PMなど熟練したアイドルが大人気だったK-POP界に流星のごとく現れたグループ、TEEN TOP。

当時は「10代」という刹那な時を武器に、これまでにない新しさを生み出したモンスタールーキーとして大注目されました。

デビューから574日目(1年半と29日)の2012年2月3日「Crazy」で初の1位を獲得するまでは、着実に実力だけで実績を積んでいった努力のグループです。

【第27位】SEVENTEEN(571日)


2015年デビューした13人組ボーイズグループ、SEVENTEEN。

デビューからすぐに人気となった彼らですが、意外にも1位を獲得できたのはデビューから571日後(1年半と26日)「BOOM BOOM」活動時期でした。

グループの中に「ボーカルチーム」「パフォーマンスチーム」「ヒップホップチーム」の小グループ構成が敷かれており、まるでミュージカルを見ているような多様な魅せ方で観客を魅了します。

大人数の醍醐味である迫力満点のダンスは機械のように精密で、長年練習生として付き合ってきたメンバーたちの絆を感じさせます。

SEVENTEENメンバーの好きなタイプを解説!理想の女性はどんな人?

【第26位】SS501(564日)



2005年6月8日にデビューした5人組ボーイズグループ、SS501。2008年には日本で第22回ゴールデンディスク賞を受賞、韓国歌手としては初めての新人賞受賞となりました。

2007年01月07日にデビュー後1年半と19日で音楽番組地上波1位を獲得。

キャッチーなメロディーが多い爽やかでクールな楽曲を多く生み出し、K-POPの醍醐味である「中毒性」を印象づけたのはもちろん、洗練されたビジュアルも人気の理由でした。

また、ファンに有料投票をしないように要請しているなど、ファンを正しい道に導く努力を惜しまず、アンチファンがほとんどいない模範的なグループでもありました。


【第25位】VIXX(562日)



コンセプト、パフォーマンス、歌唱力、ビジュアルをすべて備えたアイドルとして高い評価を受けているVIXX。

韓国の歴史の中で最も多くのアイドルグループがデビューした2012年にデビューした6人組ボーイズグループです。

メンバー全員が180cmを超える長身グループで、ビジュアル、フィジカルともにコンセプトを消化できる最強のビジュアルを持っています。

ホラー&ファンタジーコンセプトが大ヒットし、「コンセプトドル」との異名ついた彼らは、初の正規アルバム「呪いの人形」で1年半と17日の年月の後音楽番組地上波1位を獲得。

【第24位】INFINITE(488日)



2010年6月9日にデビューした6人組ボーイズグループ、INFINITE。

デビュー当時は、数多くデビューしていたアイドルグループの中で差別化の方法に思い悩むことも多く、現在のINFINITE最強の武器である「カル群舞」を見出すまでに時間を要しました。

デビューから1年3ヶ月と3日で音楽番組地上波1位を獲得(Paradise)し、そこからはシンクロ率99.9%とのキャッチフレーズが付いた一糸乱れぬダンススキルのレベルの高さで他グループとの差別化に成功しました。

人気グループINFINITE、魅力溢れる彼らの楽曲ランキング!

【第23位】SHINHWA(442日)

1998〜2003年までSMエンターテインメント所属アーティストとして活躍した6人組男性グループ「神話」。2004年グッドエンターテイメントに移籍後、2011年には神話カンパニーを設立し、セルフマネジメントを行う体制になっています。

デビュー以来、今まで一度もグループの解体やメンバーの脱退や交換がなかった国内最長寿アイドルグループであり、2017年基準で13枚の正規アルバムと7枚の非正規アルバムを発表してK-POPダンスグループ最多アルバム発売記録を樹立しました。


多くのグループが解散や脱退、活動休止を経験する中で、ここまで長い期間誰一人として欠けることなく活動してこれたのは、事務所の契約問題などが起ころうともお金よりも義理を選んだ強い友情にあります。

どんなに困難な時でも、精神的にお互いに支え合ってきた彼らなので、その姿にファンが離れることもありませんでした。

【第21位】EXO(433日)



KPOP暗黒期と言われた時期に爆発的な人気を獲得したEXO。

デビューアルバムのタイトル曲「MAMA」のショーケースには、新人グループとしては異例の8000人が観覧を申請しており、二重抽選で3000人が招待されて、3000人のファンの熱狂的な歓呼を受けました。

デビュー後1年ほどの空白期間があり、メンバーもファンもイチからデビューするような気持ちだったとしていますが、この空白期間中にもファンは増加し続け、活動を開始してすぐにEXO正規1集アルバムが米国ビルボードワールドアルバムチャート1位記録。

正規1集に販売量74万枚という記録を立てた10月には、90万枚を超えました。

同年12月27日には正規1集国内販売量が100万枚を超え、人気は日本や中国、東南アジアなどでも社会現象を巻き起こすほどに…。

デビューから1年2ヶ月と1週間で音楽番組地上波1位を獲得し、歌謡界最初の4年連続大賞を受賞するなど、何をしても最高峰の記録を打ち出すモンスターグループです。

韓流グループ『 EXO 』ファン納得の日中韓メンバー人気ランキング💕

【第20位】BIGBANG(385日)



2006年にデビューしたYGの男性グループ、BIGBANG。

YGエンターテイメントの不動の強さを確立させた世界的人気を誇る最強ボーイズグループと言われています。

最高水準の音楽とパフォーマンス、彼らのみが感じられる独特の感性と音楽的自由度の高いセンス、これまでの概念を覆す楽曲の数々は、若い層のファッショントレンドや韓国歌謡界に多大な影響力を及ぼしました。

また、他のアイドルとは違い、男性ファンや家族で応援するファンも圧倒的に多く、国民的アイドルグループとなりました。

デビュー後1年と20日で音楽番組地上波1位を獲得すると、その後活動期間が頻繁ではなくとも、カムバックのたびにぶっちぎりで1位を獲得。

BIGBANG(ビッグバン)メンバー人気順ランキング!画像付プロフィール・性格・呼び方・ハングル表記も紹介♡

【第19位】GOD(362日)



K-POP歌謡界に類をみないほど膨大な愛を受けた国民アイドルグループ、God。

他のアイドルとは違い、デビュー時点ですでに30歳を超えているメンバーがいたのが特徴で、涙がでるほど苦労の多かったグループでもあります。

Godとしてデビューするまでに幾度とない困難が合ったのは事実ですが、デビューしてからも同期のH.O.T.などと比べられ言われようのないレッテルを貼られたことも。

デビューから約1年で音楽番組地上波1位を獲得すると、2集の活動から全盛期が始まりました。

2集では、歌謡番組で1位を何度も占め公式統計57万枚という販売高を達成し、3集タイトル曲「嘘」は空前絶後のヒット曲に。

この曲をきっかけに、ファンが楽曲の間奏などに声援を入れる「応援掛け声」の文化ができたと言われています。

4集は2ヶ月の間に173万枚の販売高を上げ、歴代男性グループ部門アルバム販売量2位を記録するなど、数々の恐ろしい記録を残した生ける伝説グループなのです。

【第18位】BEAST(358日)



2009年10月16日にデビューした6人組ボーイズグループ、BEAST。2010年10月8日KBS「ミュージックバンク」にて「Breath(息)」を発表し、デビューから11ヶ月と28日で音楽番組地上波1位を獲得しています。

その後、7年間の間、トリプルクラウン達成や音楽番組での歴代初満点を獲得するなど、人気の勢いはさらに加速していきました。

激しいダンスナンバーが多いBEASTですが、MR除去(一緒に流れる伴奏やコーラスの音を除去し、ボーカル旋律だけにすること)をしてもほとんどぶれない圧巻の歌唱力が当時アイドルの枠を超えていると高く評価されました。

現在はHIGHLIGHTという新グループで活動を続け、HIGHLIGHTとしてもデビュー9日で1位獲得と言う偉業を成し遂げています。

【第17位】2PM(249日)



2008年9月4日デビューのJYPエンターテインメント所属6人組グループ、2PM。海外進出に精力的で、「野獣ドル」として日本でも大ヒットを記録しました。

デビューから8ヶ月と9日で音楽番組地上波1位を記録。

セクシーで男臭いコンセプトはその後の韓流ブームにも色濃く反映し、メンバー全員が鍛え上げられた肉体を持つ2PMは現在も男らしいアイドルとして多くの後輩のロールモデルになっています。

普段の楽曲では歌唱力やダンススキルを確認することが難しい場合も多いですが、実際には鳥肌モノの歌唱力を持つメンバーやパフォーマンススキルに長けたメンバーが多くいます。

【第16位】Sechs Kies(237日)

 Sechs Kies出典:©2018 avex Sechs Kies公式HPより


1997年大成企画(現DSPメディア)所属でデビューした後、2016年YGエンターテイメントに所属して活動を再開した第1世代の6人組男性レジェンドアイドルグループ、Sechs Kies。

同じ時期に絶大な人気を誇っていたH.O.T.とアイドル二強と呼ばれ、約3年間の短い活動期間にも関わらず、発表したアルバム5枚すべてが大ヒットを記録しました。

デビューから7ヶ月と32日で音楽番組地上波1位を獲得しましたが、驚くべきことにタイトル曲だけでなく、アルバム収録曲までが地上波で1位を獲得するという当時の新記録を樹立。

メンバー全員がその当時としても現在で見てもイケメンであったこと、楽曲がファンだけでなく大衆に愛されていたことが人気を後押しした要因なようです。

2017年には20周年記念として活動もしており、昔からのファンが歓喜しています。

1 2 3 4 5>>

1 / 5

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!