栄冠は誰の手に!?2016年男性声優アニメ出演本数ランキング!

毎年4月~6月、7月~9月、10月~12月、1月~3月と春夏秋冬に合わせて短いスパンで放送されるものが多く、1クールあたり50本を超えるアニメが同時期に放送されている現在の日本のアニメ。

オリオンの夜 <出典:http://www.animatetimes.com>

そのアニメの多くを数百人の声優さんが掛け持ちで演じているんだから驚きですよね!

一気に録画したアニメを消化すると、「この声さっきも聞いた!」…と、気付けば1日中同じ声優さんの声を聞き続けていた…という経験をした人も多いのでは?

今回は2016年の冬アニメから春、夏、そして10月までの秋アニメの出演本数を、今アニメ業界で活躍する男性声優さんを中心に集計し、筆者の批評とともにランキング化してみました。

(※集計方法は編集部独自によるものですのでご了承ください。名前のあるような、ある程度作品に関係の深いキャラクターを演じている場合のみを集計しています。)





まずは7位~6位を一気にチェック!


今回は7位が3人、6位が2人、5位が3人、4位が1人と大接戦!

7位から4位まではランキングに大差はなく、3位から1位が他を圧倒する結果に。

それではさっそく7位から順にランキングを見てみましょう!

・7位…福山潤、柿原徹也、梶裕貴(20作品)

福山潤 声優JUNON <出典:http://www.dclog.jp>
まずは福山潤さん。昨年は暗殺教室やおそ松さん、デュラララ!!、WORKING!!!など印象強い作品が並んだため、今年は少し落ち着いているかも。

2016年の主な出演作は「亜人」「文豪ストレイドッグス」「七つの大罪」など。

柿原徹也 ボイス <出典:https://prcm.jp>
続いて7位に上がったのが柿原徹也さん。はんだくんとB-PROJECTでは、同じ人が演じているとは思えないのキャラのテンションの差に驚く人も多かったのでは?

TVアニメ以外では「KING OF PRISM by PrettyRhythm」も印象強い。

2016年の主な出演作は「B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜」「はんだくん」「12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜」など。

柿原さんのハイスペックなプロフィールはこちら
注目度120%!ドイツからの帰国子女!?柿原徹也さん

梶裕貴 MEN <出典:http://pictigar.com>
最後は梶裕貴さん。出演本数はこの位置であるものの、出演作品の殆どがメインキャラや主人公であるなど、その売れっ子っぷりは継続中!

2016年の主な出演作は「キズナイーバー」「SERVAMP -サーヴァンプ-」「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」など。




6位と5位には若手と中堅がずらり

・6位…小野大輔、津田健次郎(21作品)

小野大輔 MEN <出典:https://prcm.jp>
まず名前が上がったのは小野大輔さん。フリーに転向して1年目となる今年は、例年よりも出演本数が数本増加した印象。

2016年の主な出演作は「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「DAYS」「B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜」など。

小野さんのパパみを感じるプロフィールはこちら!
共演者からわかる!心優しきハンサム・小野大輔さんの人気の理由

津田健次郎 JUNON <出典:https://prcm.jp>
お次は津田健次郎さん。2016年は初恋モンスターや91Daysなど、テンションが高く振りきれたキャラが同時期に続きました。

2016年の主な出演作は「91Days」「初恋モンスター」「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」など。

続いて第5位を大発表!

・5位…中村悠一、諏訪部順一、村瀬歩(22作品)

中村悠一 笑顔 <出典:https://twitter.com>
5位にランクインしたのは、最近痩せてイケメンになったと話題の中村悠一さん。

ハードボイルドなキャラクターを演じることも多かった中村さんですが、「甘々と稲妻」や「うどんの国の金色毛鞠」など、お父さん感溢れるキャラで女子視聴者のハートを射止めた…!?

2016年の主な出演作は「甘々と稲妻」「WWW.WORKING!!」「うどんの国の金色毛鞠」など。

中村さんのピュアすぎる一面をのぞくならこちら♪
見た目は殺し屋、中身はピュア!中村悠一さんの男前な生き様

諏訪部順一 ぺんてる <出典:http://pentel.blog.jp>
安定の人気は諏訪部順一さん。

夏目友人帳やうたプリなど、既存の人気作品への出演に加えて、現在大人気のユーリ!!! on ICEでは、これまた大人気のキャラ・ヴィクトルを演じるなど、レン様や跡部様に続く新たな諏訪部人気キャラの登場に期待!

2016年の主な出演作は「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」「プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ」「ユーリ!!! on ICE」など。

諏訪部さんのキャラ愛は計り知れない…!
鳥肌!プリンスさまへの愛がすごすぎる、うたプリ声優たち

村瀬歩 <出典:http://www.animatetimes.com>
5位ラストの紹介は村瀬歩さん。自身の代表作であるハイキュー!!に加えて、D.Gray-man HALLOWでは主人公のアレン・ウォーカーに抜擢されるなど、ポスト梶裕貴とも呼べる一人でしょう。

2016年の主な出演作は「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」「D.Gray-man HALLOW」「初恋モンスター」など。




出演作が急増!4位と3位はこの人!

・4位…山下大輝(23作品)

山下大輝 LIVEDOOR <出典:http://news.livedoor.com>
4位にランクインしたのは山下大輝さん。アニメキャストの中ではVOMIC時代から唯一継続して出演する僕のヒーローアカデミアの主人公・緑谷出久の印象が今年は強い。

来年からは弱虫ペダルの3期放送やヒロアカ2期も予定されており、彼もポスト梶裕貴のポジションとなりそうです。

2016年の主な出演作は「僕のヒーローアカデミア」「はんだくん」「刀剣乱舞-花丸-」など。

編集部一押しの2人!西山下の沼へGO!
西山宏太朗&山下大輝の癒し系コンビ、西山下!

・3位…細谷佳正(28作品)

細谷佳正 ボイス <出典:https://jp.pinterest.com/>
4位と大きく差をつけ、見事3位に輝いたのは細谷佳正さん。

2014年のフリー転向以後、出演作品本数が年々増加し続けている彼。

第10回声優アワード助演男優賞も受賞し、さらなる活躍に期待がかかります。

今年は、たなけだの太田やツキウタ。の卯月などの無表情系男子キャラクターと、はんだくんの筒井やモブサイコ100の鬼瓦などのヤンキー系男子の真逆のキャラクターを演じきりました。

細谷さんといえば、黒子のバスケ、ハイキュー!!、テニスの王子様、Free!など数多くの人気スポーツアニメに出演していることでも話題。

ALL OUT!!やユーリ!!! on ICEなど、今年も「細谷佳正・スポーツアニメレギュラー説」は未だ途切れないようです。

2016年の主な出演作は「アルスラーン戦記 風塵乱舞」「田中くんはいつもけだるげ」「モブサイコ100」など。

TVアニメ以外では「デジモンアドベンチャー tri.」も印象強い。

鼻歌ひとつ収録するのにも念入りに音響監督に確認するんだとか…真面目な方ですよね!
イケメン声優・細谷佳正の意外な素顔とは?歌の腕前はプロ並み・・・?




堂々の1位はトップ常連の2人がランクイン!

1位…杉田智和、櫻井孝宏(32作品)

出演作品が30を越え、堂々の1位に輝いたのはなんと2人!杉田智和さんと櫻井孝宏さんです。

杉田智和 BEAMS <出典:http://www.logsoku.com>

杉田智和さんは、2016年は自身の代表作である銀魂アニメの復活や、D.Gray-man HALLOW、マギ シンドバッドの冒険など多くの王道少年漫画系アニメに出演。

リーバー・ウェンハムやドラグルなどの正義感の強いイケメンキャラを演じたほか、初恋モンスターの三宮銀次郎のような「これぞ杉田智和!!」というようなキャラクターも担当し、変わらずアニメでの存在感は抜群。

しかし、福山潤さん同様、Kや暗殺教室、長門有希ちゃんの消失など、昨年の方が自身に話題性のあるメインキャラクターに恵まれた印象もあります。

2016年の主な出演作は「美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!」「初恋モンスター」「チア男子!!」など。TVアニメ以外ではゲーム「ペルソナ5」も要チェック!

ギャグ線高めな杉田さんのプロフィールはこちら!
アドリブの天才 人気声優「杉田智和」

櫻井孝宏 ボイスニュータイプ <出典:https://kiki-voice.jp>

男性声優アニメ出演本数ランキング、もう1人の1位は櫻井孝宏さん。

声優活動20周年という節目を迎えた現在も、2013年以降から安定して年間約30本前後のアニメ出演を果たし続けるという実力派の彼。

今年は初恋モンスターや亜人、ジョジョ、そして秘かにブームとなっているモブサイコ100と話題作へのメインキャラ・主役での出演も豊富。

初恋モンスターのハイテンション小学生から真面目過ぎる辞書編集部員など、実に幅広い役柄をこなしました。

おそ松や霊幻新隆など、櫻井孝宏が演じる「うさんくさいけど何故かかっこいい」キャラの人気は計り知れず。

2016年の主な出演作は「舟を編む」「初恋モンスター」「モブサイコ100(霊幻新隆)」など。TVアニメ以外では「虐殺器官」「デジモンアドベンチャー tri. 」にも出演。

いかがでしたか?

昨今では個人での音楽活動や舞台出演が精力的となっている声優業界において、一年間でのアニメの出演本数は声優によってもまちまち。

本人が各活動の中で何割を本業である声優業に置いているかなどによって出演本数は大きく変化していきます。

よって、出演本数が少なくても多くの話題作に出演したり、大きな存在感を示す声優が多数存在することもまた事実。

2017年の出演本数第一位は誰が獲得するのか?これを気にしながらアニメを見てみるのも面白いかも?

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!