ビジュアル系演歌歌手として活躍中の最上川司のプロフィールについて知ろう

最上川司のプロフィールは、大変華やかです。過去、ビジュアル系バンドD'espairsRayのドラマーとしてメジャーデビューを果たしています。

最上川司 <出典:dwango.jp>

バンド解散後他のバンドで活躍し、現在はビジュアル系演歌歌手としても活動しています。

最上川司のこれまでの活動


最上川司は山形県河北町出身で、幼少期には山形のテレビ番組のカラオケコンテストで特別賞を受賞した経験も持っています。また、1999年にビジュアル系バンドD'espairsRayを結成し、インディーズチャート1位を2003年に獲得しています。2006年には海外公演なども行い、注目を集めていました。

D'espairsRay <出典:vignette1.wikia.nocookie.net>

2009年には、D'espairsRayのドラム担当としてデメジャービューを果たしました。その後、ボーカルの体調不良などが理由でD'espairsRayは2011年に解散しました。解散後は、別のビジュアル系バンドのドラマーとして世界で活躍しています。2015年には、ビジュアル系演歌歌手の最上川司としてソロデビューを果たしました。


ビジュアル系演歌歌手の最上川司として活動を始めたわけとは?



最上川司は、D'espairsRayの解散後に演歌歌手として活動していきたいと考えていました。その後、その事を現在所属するバンドメンバーに伝えたところ、他のメンバーたちは演歌歌手としての活動を応援してくれました。それがきっかけとなり、バンド活動と並行して曲作りなどを始めたとコメントしています。




さらに、バンドメンバーとの海外公演の際に、山形県の民謡を披露して大きな反響があった事も刺激になったと発言しています。




2015年6月には、ビジュアル系演歌歌手の最上川司としてシングルを発表してソロデビューを果たしました。また、同年11月にカバーアルバムも発売しています。

最上川司 <出典:entitiesgraph.com>

最上川司と演歌の関係などについて


最上川司の公式プロフィールでは、年齢は非公開となっています。しかし、1999年に上京している事から、30代前半から半ばではないかと言われています。また、最上川司は芸名で本名ではありません。




最上川司は、子供の頃から演歌が好きでたまらなかったとコメントしています。また、幼少期には人前で歌いたいあまりに、お祭りのカラオケ大会に何度も出場していました。さらに、遠足のバスの中などでも友人たちに演歌を披露しています。高校時代にも、文化祭のステージで演歌を披露して観客をわかせていました。




2011年のバンド解散後に本格的に演歌歌手を目指しましたが、諦めて新たなバンド活動を始めました。その後、バンドメンバーの応援もあり、新たに演歌歌手としての活動を再開しました。


最上川司 <出典:www.sankei.com>



ビジュアル系演歌歌手の最上川司に今後も注目!

最上川司はビジュアル系演歌歌手としての見た目のインパクトだけでなく、実力ある歌声にも注目が集まっています。




若い年代の方は演歌と接点があまりない方も多いですが、ビジュアル系演歌歌手の最上川司には興味を持つ方も多いです。今後も、最上川司の活動や新しい曲に注目です。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!