180,644 views


[第三話]”スメラルド”は、どのように発見されたか


今日は「伝説に登場するような架空の花」に思われていた「スメラルド」がどのようにして世に知られることとなったかを教えて差し上げようと思います。


実際5年前にトランプ学会で初めて話を聞いた時には、スメラルドは伝説の中にのみ出てくる花というのが定説でした。(トランプとスメラルドの関係は、後で別途投稿します。)


ところが2013年のある夏の日。


驚くべきニュースが伝わります。


今もその日の事を鮮明に覚えています。


起床して顔を洗っていると、携帯電話が鳴りました。


電話の主は、私が誤って参加したトランプ学会で出会った友人でした。



講演を偶然に聞いたその友人と私は、”スメラルド”と呼ばれる花に魅せられ、それ以来ずっと連絡を交わす仲でした。


私はノースダコタ州で、その友人は、サンフランシスコに住んでいましたが、同じものを好きだということで距離に問題などありませんでした。


本題に戻りますが、その友人が言うには、”スメラルド”が実際に発見されたということでした。


私はしばらくの間言葉を失いました。


そして、2人は受話器を握って声を張り上げました。


スメラルド


上の写真は、スメラルドが初めて発見された現場です。


今でもこの写真を見ると、鼓動が高鳴ります。


「amtest(amare_0)」は当時、旅の写真で有名なインスタグラマーだったんですが、その人がイタリア北部に旅行に行って、偶然発見した花を撮影してアップしました。


事実 「amtest(amare_0)」は、スメラルドに対して何も知らない状態であり、ただの旅行中に出会ったユニークで美しい花だと思っていただけだったのです。


ところが、インスタグラムで写真を見た人の中で何人かが”スメラルド”との類似性を提起し、その話がいっきに広がっていったのです。


そして現地の歴史学者が決定的な情報を公開、まさに花が発見された場所が忘れられた昔の地名「チッタ・ディ・スメラルド」だと発表したのです。


「チッタ・ディ・スメラルド(LaCittàdi smeraldo)」、イタリア語で「スメラルドの都市」という意味です。


歴史学者によると、そこは中世の時代かなり賑やかな村だったそうなのですが、感染病のペストが大流行したあとに風化し、現在は完全に森となったとされています。


しばらくして、世界中の多くのフローリスト学会と植物学会などが専門家を現地に派遣し、最終的にその花が”スメラルド”であることに間違いないだろうと正式に発表しました。


当時”スメラルド”は、ヨーロッパやアメリカなどで熱狂的な反響を呼びました。


各国でも”スメラルド”を現地栽培しようと試みましたが、”スメラルド”は唯一「チッタ・ディ・スメラルド」のみ咲き、他の地域では一度も栽培に成功しませんでした。


その理由については様々な見解がありましたが、まだこれだというものは明らかになっていません。


現在でも”スメラルド”はイタリア北部の農場でのみ栽培しており、欧州各国や北米、いくつかのアジア地域に少しずつ輸出されています。


ところで、スメラルドが何故こんなにも熱狂的な反響を呼び集めたのか気になりませんか?


次の投稿では、”スメラルド”にまつわる話をお聞かせします。


出典:©testesso【Flower Smeraldo】のブログより

原文はこちら

1 2 3 4 5 6 7 8>>

3 / 8

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!