180,643 views


[第六話]「マダム・レノデマンド」と「ザフラワーカード」



フランス人画家ジャン=フランソワ・ローランの<サロンに座ったマダム・レノマンド>という作品があります。



マダム・レノマンドはナポレオンの皇后ジョセフィーヌが惜しんだ当代、フランスの占星術師だと言われています。(フランス語をそのまま読めば「ルノルマン」となりますが、便宜上レノマンドと表記します。)



彼女は皇后ジョセフィンの専属占星術師になる前から貴婦人たちのカード占いで人気を得て、かなりの富を得たと言われています。



彼女が作った「ルノルマン・オラクルカード」は、多くのカードデッキ(カード1セット)に影響を与えたといわれています。



今でも有名なタロットカードのサイトなどでは、オラクルカードデッキを売っているところがありますね。



スメラルド

▲The Court of Napoleon(Derby and Jackson、New York 1858)に挿入されたマダムレノデマンドのイラスト。
出典:Wikimedia Commons


マダム・レノマンドは有名な占星術師らしくカードを持っているか、カード占いをしている絵画がたくさん残っています。


上の絵もその中のひとつです。


しかし、私たちが注目しなければならないことは、上の絵ではなく<サロンに座ったマダム・レノマンド>という作品です。


フランス人画家ジャン=フランソワ・ローランが描いた<サロンに座ったマダム・レノデマンド>は、繊細なタッチと叙情的な雰囲気が特徴的な油絵でしたが、所蔵者の屋敷が火事で燃えてしまったため焼失してしまいました。


屋敷の主人は、ナポレオン時代の上流社会の姿を知ることができる絵画や資料を多数所蔵していることで有名だったので、すぐに火災現場で作品を探し出し、復元する作業が行われました。


多くの作品と資料がその過程を経て復元しましたが、<サロンに座ったマダム・レノマンド>は、残念ながら、カードの部分だけしか蘇らせることが出来ませんでした。


それが前の記事で紹介したカードの画像です。


「The Flower」と書かれているそのカードは、皆さまもお気付きでしょうが、あのアシュブレスカードの一枚でスメラルドをモデルに作られたカードです。


スメラルドとアシュブレスについて残っている唯一の痕跡でもあるのです。


出典:©testesso【Flower Smeraldo】のブログより

原文はこちら

1 2 3 4 5 6 7 8>>

6 / 8

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!