LiSAとらーメンズの関係とエピソード

LiSA
<出典:mcha.jp>


「LiSA」はロックバンド「Love is Same All」のボーカリストであり、今は主にソロで活動している女性アーティストです。
ソロデビュー以来、数多くのアニメテーマ曲を担当しファンを増やしてきた「LiSA」。
今、もっとも注目すべきアニソン歌手の1人といえます。
その「LiSA」と「LiSA」の音楽活動に欠かせない「らーメンズ」について、ご紹介します。

長い下積み時代を経て、人気アニメの劇中バンドのボーカルとして抜擢!

Angel Beats!
<出典:blogs.yahoo.co.jp>


LiSAは岐阜県出身。母親の影響で3歳からピアノを習っていたという、生粋の音楽少女でした。
中学のときに先輩に誘われてバンドのボーカルになったことをきっかけにロック音楽に目覚めたそうです。
高校入学~卒業後2年間は新たなバンドを組んで活動。高校卒業2年後に単身、さらなる音楽活動のために上京しました。
上京後は、インディーズパンク・ロックバンド「Parking Out」と共に「Love is Same All」を結成、ボーカル「LiSA」として活動。

そしてその2年後となる2010年、テレビアニメ『Angel Beats!』の作中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌唱パートの担当になったのです。
『Angel Beats!』はKey・アニプレックス・電撃G's magazine・P.A.WORKSの共同プロジェクトで、放映前からアニメファンの間では期待値が高いアニメでした。
そんな注目作品に採用されたのも、長い下積みをしてきたLiSAさんの情熱が勝ったからかもしれませんね。

LiSaのサポートバンドは"らーメンズ"と呼ばれる5人。


LOVERSMiLE
<出典:www.nyaa.se>


ガルデモ名義のシングル・アルバムは全てオリコン上位に入り、一気に注目を集めたLiSAさん。
その後、ソロアーティストとしてデビュー。

「Fate/Zero」、「ソードアート・オンライン」、「幻影ヲ駆ケル太陽」、「魔法科高校の劣等生」などなど、数々の人気アニメのOPテーマ曲を担当し、その曲のすべてがオリコンで高い順位を記録。
ソロアーティスト「LiSA」としての人気を不動のものとしました。


ライブパフォーマンスを支えるサポートバンド"らーメンズ"

LiSaの魅力は独特のファッションセンス、そしてオーディエンスを煽り巻き込むパワフルなライブパフォーマンス。
そしてソロアーティストにとってライブパフォーマンスに重要なのは、なんといってもサポートバンドの存在です。

LiSaのサポートバンドは"らーメンズ"と呼ばれる5人。

らーメンズ
<出典:mcha.jp>


ギターのCO-kとTHE ODGE、ベースのうのちゃん、ドラムのKING、キーボードのけんちゃんです。
ラーメン好きのLiSaさんが命名したという、ほほえましいエピソードがあります。

また、メンバーの組み合わせによって、色んな呼び名があるそうです。

CO-Kさんのみの場合の呼び名はべびーすたーらーめん
CO-Kさん&けんちゃんの組み合わせはかっぷらーめんズ
さらにけんちゃんがいない場合はあぶらーめんズと呼ばれるそうです。

こんな風に様々な呼び名があることからも、LiSaさんとらーめんズの皆さんが仲が良い雰囲気が伝わってきますね。

またLiSaさんの遊び心はサポートメンバーへの愛称だけには留まりません。
例えば自らのCDのことをラブレター、ライブのことをデート、メディアへの出演のことをお弁当なんて呼び方をするんだとか。
個性的なLiSaさんらしいエピソードですね。

MVで「LiSa」と「らーメンズ」の活躍をチェック!

LiSaのライブにいく人ならおなじみの「らーメンズ」ですが、ライブにいったことがない人でもその活躍をチェックするなら、3rdシングル「best day,best way」のMVをチェックしてみてください!

タグ LiSA
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!