今日からサク読み!トレタメアプリ

26,913 views


演技力の高さを示した「ルパン三世」「星逢一夜」

お披露目公演「ルパン三世」では、改めてちぎみゆのお芝居のレベルの高さ、相性の良さを感じることになりました。
ルパン三世 宝塚 雪組出典:©宝塚歌劇団 雪組公演『ルパン三世 —王妃の首飾りを追え!—』より
宝塚では実現不可能では?と思われる「ルパン三世」という演目にも関わらず、早霧せいなさんの軽妙な役作り、咲妃みゆさんのマリー・アントワネットへの新鮮なアプローチで見事に宝塚版に作り上げていました。

制作発表時には、「早霧さんは多くのファンの心を盗んでらっしゃると思います」という咲妃さんの名言も飛び出しましたよね。

また、「ルパン三世」はアドリブも楽しみだった公演。

ちぎみゆ2人の場面にもあり、早霧さんの毎日違う投げかけに(「ルパンパパン三世です」というような日替わりの自己紹介)、咲妃さんが阿吽の呼吸で合わせ、息の合った演技を魅せてくれました。

併演のショー「ファンシーガイ」では、”若葉マーク”の初々しいデュエットダンスが忘れられません。

後ろから目隠しをして始まる振り付けは、”ちぎみゆ”のお披露目にふさわしいものでした。

出典:©宝塚歌劇団 雪組公演『ルパン三世 —王妃の首飾りを追え!—』『ファンシー・ガイ!』より

そして、大劇場公演2作目が「星逢一夜」。
星逢一夜出典:©宝塚歌劇団 雪組公演『星逢一夜』より
ちぎみゆ時代の雪組の中では、めずらしいオリジナル作品です。

互いを想う心がある故に、苦しい決断を迫られる関係性を繊細に演じ、客席は涙、涙。

2番手の望海風斗さんを交えた「雪組トリデンテ」という言葉も生まれた公演で、「La Esmeralda」と併せ、2015年夏の想い出としてファンの心に焼き付いていることでしょう。

出典:©宝塚歌劇団 雪組公演『星逢一夜(ほしあいひとよ)』『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』初日舞台映像より


1 2 3 4>>

3 / 4

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!