7,534 views

長年にわたって宝塚歌劇団を支え続けてきた夏美ようさんのこれまでを振り返る

宝塚歌劇団専科に所属する夏美ようさんは、長年にわたって宝塚歌劇団を支え続けてきました。かつては、花組と星組の組長を務めた経験もあり、宝塚ファンの方にとってはおなじみの存在でしょう。

ここではそんな彼女のプロフィールや、キャリアなどを振り返ってみたいと思います。

夏美よう <出典:kageki.hankyu.co.jp>

◆夏美ようさんのプロフィール・これまでのキャリアを振り返る

群馬県に生まれた彼女は、共愛学園高等学校を経て1976年に宝塚歌劇団に入団しました。初舞台となったのは同年の「ベルサイユのばら3」でした。同期にはもと星組トップの日向薫さん、そして月組組長の飛鳥裕さんなどがいます。


1993年には星組副組長に、そして1996年に星組組長に就任しています。その後、2000年に花組に異動し、同時に花組組長に就任しました。
その後、2012年に専科へ異動し、現在に至ります。

それでは、それぞれの時代の主な出演作品をチェックしてみましょう。

入団直後から2000年まで所属した星組時代から彼女の本格的な舞台人生がスタートします。
1970年代から80年代にかけては
「アンタレスの星」
「響け!わが歌」
「小さな花がひらいた」
「宝塚グランド・フェスティバル」
「暁のロンバルディア」
「海鳴りにもののふの詩が」
「エーゲ海のブルース」
「心中・恋の大和路」
「こぶし咲く春」
「哀しみのコルトバ」
「我が愛は山の彼方に」
「ラブ・エキスプレス」
「西海に散れど」
「レビュー交響曲」
「愛のカンタータ」
「華麗なるファンタジア」
「紫子」
「蒼いくちづけ」
「炎のボレロ」
「戦争と平和」
「春の踊り」
「誓いの首飾り」
「宝塚をどり賛歌」
「シャンテ・シャンテ・シャンテ」
「シチリアの風」など、非常に多くの舞台に出演しています。

1990年代には
「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリーアントワネット編-」
「メイフラワー」
「アポロンの迷宮」
「ジーザス・ディアマンテ」
「恋人たちの肖像」
「グランサッソの百合」
「紫禁城の落日」
「白夜物語」
「ワンナイト・ミラージュ」
「うたかたの恋」
「パパラギ-極彩色のアリア-」
「秋…冬への前奏曲-コマロフスキー伯爵編-」
「ライト&シャドウ」
「若き日の唄は忘れじ」
「カサノヴァ・夢のかたみ」
「国境のない地図」
「剣と恋と虹と」
「二人だけが悪…」
「エリザベート-愛と死の輪舞」
「武蔵野の露と消ゆとも」
「夜明けの天使たち」
「ダル・レークの恋」
「皇帝」
「イコンの誘惑」
「聖夜物語」などで重要な役を多く演じ、宝塚歌劇団にはなくてはならない存在となりました。

花組に異動した2000年代には
「夢と孤独の果てに~ルートヴィヒ2世」
「マノン」「ミケランジェロ-神になろうとした男-」
「琥珀色の雨にぬれて」
「月の燈影」
「不滅の棘」
「野風の笛」
「天使の季節」
「ジャワの踊り子」
「天の鼓-夢幻とこそなりにけれ-」
「マケラシュ・紅の墓標」
「落陽のバレルモ」
「ファントム」
「明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-」
「源氏物語あさきゆめみし2」
「メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人」
「外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-」
「相棒」などに出演しています。

もちろん、専科に異動後
「JIN-仁-」
「月雲の皇子-衣通姫伝説より-」
「伯爵令嬢-ジュテーム・君を愛さずにはいられない-」など、多くの作品に出演し続けています。




◆夏美ようさんの今後の予定は?

現時点で決定しているのは、雪組公演の浪漫活劇「るろうに剣心」です。人気コミックスを原作とした作品で、とても高い注目を集めています。

るろうに剣心 <出典:en.rocketnews24.com>

宝塚大劇場で2016年2月5日から3月14日まで、そして東京宝塚劇場で2016年4月1日から5月8日までの公演となっています。

宝塚歌劇団を長年にわたって支え続けてきた夏美ようさんのこれまでをチェックしてみました。今後も、宝塚には欠かせない存在として活躍し続けてくれることでしょう。

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!