蓮つかささんが好演!新公「NOBUNAGA」はご機嫌斜め!?


2,158 views


■難しい役に挑戦した蓮つかささん


NOBUNAGA

蓮つかささん案じる足利義昭は、信長にいろいろとちょっかいを出すものの、信長にはかなわないという役どころです。

かっこよく見せる役ではないものの、素敵さが感じられるのは、蓮つかささんの透明感のせいでしょうか?

透明感は声だけではなく、芝居にも表れるのですね。メイクもなじんでいて、浮いていませんでしたよ。

雰囲気づくりもしっかりできていて、落ち着いてみることができました。きっと本人も楽しみながら演じていたのでしょう。

それが伝わってきます!

「NOBUNAGA」新人公演を見た人は、蓮つかささんを印象的に感じる人も多かったのではないでしょうか?主役ではないのに心に残る、そんな演技を見せてくれました。

■もっともっと成長していく男役・蓮つかささん




今回の「NOBUNAGA」新人公演では、今までとは違った雰囲気を見せてくれた蓮つかささん。主役にも負けない印象深い演技は素晴らしいです。これからもっといろいろな顔を見せてくれるに違いありません!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!