2,000 views

「文スト」に続き「チア男子!!」主題歌も担当!『ラックライフ』ってどんなバンド?

文豪ストレイドッグスのエンディングテーマとして起用され注目を集めた「ラックライフ」。

2016年の5月11日にメジャーデビューを果たした4人組のロックバンドです。
ラックライフ <出典:http://natalie.mu/music/pp/lucklife>
今回は気になるメンバーのプロフィールと楽曲紹介など、アニメを見てラックライフが気になっている…!というあなたに彼らの新たな魅力をご紹介します!

ラックライフのメンバーのプロフィール紹介

2016年5月11日に、メジャーデビューしたばかりのラックライフ。

活動期間は2008年~。メンバーは、ボーカル・ギターのPON(ぽん)、ギター・コーラスのイコマ、ベースのたく、ドラムスのLOVE大石の4人で構成され、大阪の北摂出身のロックバンドです。

メンバーチェンジは1度もなく、大阪府茨城東高等学校の同級生で結成したということで学生時代からの仲は、音楽にもにじみ出ていて息のあったパフォーマンスも魅力です。

2013年に、I WILL MUSICに所属し、その3年後Lantisに移籍し、メジャーデビュー。

インディーズ時代に高槻RASPBERRYで行なった、初のワンマンライブでは、200枚のライブのチケットをSOLD OUT、更に入場規制がかかったほどでした。

メジャーデビューを聞かされたのは、クリスマスの日だったそうで、忘れられない何よりのプレゼントになったのではないでしょうか。(その後10日で3曲仕上げたそうですよ。)

アニメ「文豪ストレイドッグス」EDを担当し話題に!

ラックライフが人気原作『文豪ストレイドッグス』のアニメ化にあたりエンディングテーマを担当することが決まり、一躍話題の中心に。

ちなみにラックライフの楽曲は、全てボーカル・ギターのPON(ぽん)が担当しています。

ED主題歌になった「名前を呼ぶよ」の制作では、アニメ『文豪ストレイドッグス』の監督の五十嵐卓哉さんとPONさんが書きたいと思っていたことががぴったり一致していたようで、アニメタイアップだから…というのは関係なくしっかりと「ラックライフ」の色のでた楽曲になっています。

結成から11年、決して短くないインディーズ時代を過ごしてきた彼ら。

PONさんは事前に原作を読み、そこから自分たちと重なる部分を擦り合せてこの楽曲をつくりました。

ファンはもちろん、これまでに出会ったたくさんの人達への想いをこめたからこそ、これまでなかなか形にできなかった楽曲で、「名前を呼ぶよ」のキーワードも「文豪ストレイドッグス」がなかったら浮かばなかったと話しています。

作品のテーマともあっていますが、何よりラックライフらしさの詰まった一曲です。


ザ・ライブバンドと定評のある「ラックライフ」

ボーカル・ギターのPONのエネルギー溢れる力強いストレートな歌声と、心に響くメッセージ性の強い歌詞、そして、若くしてバンド結成10年というキャリアを持つラックライフだからこそ生み出すことができるポテンシャルの高い重量感溢れるメロディーが、ライブを楽しむオーディエンスだけでなく、同世代バンドマンの心も掴んでいます。

その証拠にインディーズ時代から「グッドモーニングアメリカ」や「チャットモンチー」「アルカラ」などの有名なバンドとの対バンを経験し、ライブ中心のバンドスタイルから「ザ・ライブバンド」と呼ばれています。

メジャーデビューしたばかりの彼らですが、今後もライブ活動は積極的に行っていくのでぜひ一度ライブへ足を運んでみては?

「ラックライフ」のこれからの活動

この先も目が離せないラックライフ。

7月から放送されるアニメ「チア男子!!」のOP主題歌を担当することが決まり、期待度も高まっています。


OP主題歌「初めの一歩」は、7月27日(水)にリリースされるので、アニメと一緒に是非チェックしてみてくださいね♪

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!