稀代の作詞家・プロデューサー!秋元康が歩んだ35年の歴史



2016年、作詞家生活35周年を迎える秋元康さん。今回は、作詞家としてのキャリアを中心に、秋元さんについてご紹介します!


1981年デビュー!放送作家から始まった社会人人生

秋元康 <出典:gqjapan.jp>

大学時代、放送作家のアルバイトをしていた秋元康さん。当時、サラリーマンの3倍以上稼いでいたものの、仕事へのやりがいや将来性に対する不安から、放送作家以外の道を考えていたそうです。

作詞家としては、1981年にThe Alfee『言葉にしたくない天気』(『通り雨』のB面)でデビュー。その後、稲垣潤一『ドラマティック・レイン』長渕剛『GOOD-BYE青春』など、有名曲の歌詞を担当します。

1989年、美空ひばり『川の流れのように』の歌詞を担当。結果的に、昭和を代表する歌手の遺作の作詞に携わったことから、まさに、名実ともに日本を代表する作詞家になりました。

TV番組も『ザ・ベストテン』や『夕やけニャンニャン』など、人気番組を多数担当。とくに、『夕やけニャンニャン』では、アイドルグループのおニャン子クラブをプロデュースしています。


1990年代はTVマンとしても大活躍


ポンキッキ <出典:tower.jp>

1990年代、秋元康さんはプロデュース業に力を入れていました。『ひらけ!ポンキッキ』や『とんねるずのみなさんのおかげです』、『うたばん』などの構成を担当。この時期、放送作家として数多くの人気番組を制作しています。

作詞家としてはどうでしょうか。1980年代は週間チャート1位を連発していた秋元さんですが、1990年代はヒット作が減速しています。1993年のとんねるず『がじゃいも』を最後に、2005年のKinki Kids『SNOW!SNOW!SNOW!』まで、週間チャート1位を獲得していません。




音楽業界の歴史に名を刻む!AKB48グループの総合プロデュース



<出典:youtube.com>


近年の秋元康さんを語る上で、2005年から始まったアイドル・AKB48グループを切り離して考えることはできません。総合プロデュースを担当し、CD不況と呼ばれる現代においてもミリオンヒットを連発する、一大アイドルへと成長させました。

名古屋・栄のSKE48、大阪・難波のNMB48、福岡・博多のHKT48、さらに、ライバルグループの乃木坂46にも携わっています。

AKB48グループの作詞も行っているため、週間チャート1位の楽曲の歌詞も多数。プロデュース業も兼務していますが、2010年代の音楽市場においても、ケタ違いの実力を持った作詞家だと言えます。



まさに稀代の作詞家!


秋元康 <出典:www.youtube.com>

今回は実績を簡単にご紹介しましたが、秋元康さんは稀代の作詞家であることがわかると思います。1980年代から活躍しているので、幅広い世代の人の青春時代に彼の楽曲が残っているはず。思い出の一曲を聴いてみてはいかがでしょうか?

 

著者:安藤悟

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!