今日からサク読み!トレタメアプリ


アニメの魅力の1つに、キャラクターに声がつく、ということが挙げられます。

声をあてている声優によって見るアニメを決めているという人もいるほど、今や声優はアニメにおけるメインコンテンツとなりました。

宮野真守
出典:©【公式】TVガイドPERSON‏  Twitter(@TVguidePERSON) より


アニメ大国として世界的にも有名な日本では、毎年多くの声優が登場しています。

声優の人気度を数値化することは難しいですが、その年のアニメ出演本数は声優の人気を表す1つの指標になるのではないでしょうか。

今回は、2014年に活躍した声優を出演本数別にピックアップし、男性声優・女性声優のベスト3をそれぞれご紹介します。統計は2014年の1月から9月出演アニメ分となっています(9月スタートのアニメは12月に終了するため、実質1年分となります)。

【男性声優第1位】櫻井孝宏(出演本数16本)


櫻井孝宏
出典:©月刊TVガイド 公式Twitter(@GEKKAN_TVGUIDE)より

2014年のアニメ出演本数が最も多かった男性声優は櫻井孝宏さんでした。

1996年に『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でデビューして以来、『デジモンアドベンチャー』や『サイボーグ009』、『モノノ怪』など数々のヒット作で活躍した声優です。

2014年のアニメでは、『PSYCHO-PASS』『ノブナガ・ザ・フール』『シドニアの騎士』などの話題作に登場しています。


【男性声優第2位】中村悠一(出演本数15本)


中村悠一
出典:©アニメイトタイムズ公式Twitter (@animatetimes) より
1位にあと1本という僅差で惜しくも2位につけた男性声優が中村悠一さんです。

中村さんは2001年に『電脳冒険記ウェブダイバー』でデビューを飾り、『おおきく振りかぶって』『CLANNAD』『マクロスF』などの作品で主演を務めました。

2014年のアニメでは、『東京喰種』『月刊少女野崎くん』『ハイキュー!!』で主役や人気キャラクターを演じています。

【男性声優第3位】福山潤・梶裕貴(出演本数14本)


男性声優の3位は、14本の作品に出演した福山潤さんと梶裕貴さんの2人です。

福山潤
出典:©【公式】TVガイドPERSON‏ 公式Twitter(@TVguidePERSON) より
福山潤さんのデビューは1996年の『月刊Asuka』ラジオCMナレーションでした。

代表作に『コードギアス反逆のルルーシュ』『しろくまカフェ』『青の祓魔師』などがあります。2014年のアニメでは、『ストレンジ・プラス』『中二病でも恋がしたい!戀』『戦国BASARA Judge End』などに出演しています。

梶裕貴
出典:©ライブドアニュース‏ 公式Twitter(@livedoornews) より
3位に入ったもう1人の男性声優、梶裕貴さんは2004年にゲーム『帝国千戦記』でデビューし、『黒執事』『進撃の巨人』『ワールドトリガー』などで活躍しました。

2014年は『鬼灯の冷徹』『七つの大罪』『ノラガミ』といった人気作品に数多く登場しています。


1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

沢城みゆき福山潤花澤香菜

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!