今日からサク読み!トレタメアプリ


2014年にデビューし、韓国の女性グル―プの中でも歌唱力が凄いと話題のMAMAMOO(ママム)。

今回はMAMAMOOのラッパー兼メインダンサーのムンビョルについての魅力を余すところなくご紹介いたします!

MAMAMOOのムンビョルとは?簡単なプロフィールを大公開!

まずは基本的なプロフィールからご紹介します。

画像の説明文
出典:©RBW MAMAMOO アーティストページ より
ムンビョルの担当はラッパーとメインダンサー。

芸名は使っておらず、本名のムンビョル(문별)で活動をしています。

1992年12月22日生まれでメンバーの中で2番目のお姉さんです。
実際の家族構成は3姉妹の長女で、面倒見がよいお姉さんのようです。

ムンビョルは韓国人なのですが辛いものが苦手で、女の子にはめずらしいかもしれませんが、甘いものも得意ではないようです。

好きなものに「餡子の入った食べ物」と答えていますが、餡子といっても韓国の餡子は、日本の餡子とは違って甘くお砂糖と煮ているものではなく、小豆本来の豆感を味わうようなものなので素材を味わう素朴なものが好きなのかもしれませんね。

ファンの中ではとても有名な事ではありますが、f(x)のクリスタルの大ファンで、サイン会でファンの子からクリスタルのグッズをもらってとても喜んでいたそうです。

そんなムンビョルの趣味はテレビを見る事、笛を吹くこと、自転車に乗る事という、これまた素朴な趣味を持ち合わせています。
なんだか親近感が沸いてきますね。

ムンビョルの特技はラップとメンバーのお世話とのことです。
なお、ムンビョルはラッパーとしての才能もあり、ラップのリリックを自分で書いたこともあります。

ちょっと面白い!ムンビョルらしいエピソード

ムンビョルのビョルという名前は韓国でも珍しい名前とのこと。
日本人でいうヒカルやソラといった名前のように、男女どちらかすぐに判断が出来ないような名前でもあるようです。

そんなムンビョルの名前の由来にはちょっとしたエピソードがあります。

ムンビョルが生まれたときに、珍しいくらい空に星がとてもキラキラ輝いていました。
それを見た彼女の親がビョル=星と名付けたそうです。
より神秘的で素敵な名前に感じますよね。

ムンビョルは3人姉妹の長女でもありますが、一時期ファンの間では面白い噂がありました。

それはムンビョルに双子の弟がいるという噂でした。
ムンビョルが体調が悪く舞台に出られないときには、双子の弟が女性らしいメイクをして舞台に出ているとされていたようです。
今ではそのような噂は出ていませんが、美少年らしさがあるムンビョルらしい面白い噂が飛び交ったことがあるようです。

画像の説明文
出典:©RBW MAMAMOO official Twitter より
また、ムンビョルは数字の2がお気に入りです。
理由としては誕生日が12月22日だからということ。
そのため、衣装に数字が入るような場合には必ず2を選び、ファンミでは22番の席に座ったファンにプレゼントを渡すほど大好きな様です。

小さいころの夢と現実から今の人気に至るまで!

ムンビョルは幼いころから芸能界に憧れを持っていました。
高校生の時、ダンス大会に出場したことをきっかけに歌手になりたいと強く決心。

EXOや少女時代、f(x)の所属する芸能企画会社SMエンターテインメントのアカデミーに入学しました。
しかし、オーディション11回、契約も3回行いましたがなかなかうまくはいきませんでした。

そして2014年からMAMAMOOとして活動し始め、他のアイドルグループとは違う魅力で「Um Oh Ah Yeh」 で注目を集めます。

そのきっかけのひとつとなったのがムンビョルでした。
MVではソラ以外のメンバーが男装をして出演していましたが、ムンビョルはそれまでの黒髪ロングの女の子らしい雰囲気から一気に美少年らしさをアピールし、これが人気を高めた理由の1つだと言われています。

なお、この「Um Oh Ah Yeh」はMAMAMOOのターニングポイントとなった曲でもあり、この曲をきっかけに多くのファンを増やし今の人気を保っているのです。

画像の説明文
出典:©RBW MAMAMOO official Twitter より

1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

ガールズグループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!