花總まり&蘭乃はなW主演!ミュージカル「エリザベート」の見所!

2016年6月から帝国劇場にて上演される東宝エリザベート
宝塚版も上演されることから、2016年はまさにエリザ一色の年になるといっても過言ではありません。
今回は宝塚版とはまた違った東宝エリザの魅力を、紹介していきます!

【2015年版からのブラッシュアップとなる2016年版】

キャストと演出、衣装を一新して昨年帝国劇場にて上演された「エリザベート」
2016年版は昨年上演されたものからキャストを少しだけ入れ替えての再演となりますが、演出がそのままならこれまでの重厚な印象のものから、POPになりまたそれぞれの登場人物たちに感情移入しやすいものとなっています。

エリザベート <出典:http://www.tohostage.com/elisabeth/2016.html>

【見逃せないキャスト陣】

キャストが入れ替えになったとはいっても、今回の東宝エリザではなじみの役者がそれぞれ昇進したようなもの。
たとえば初演でルドルフ皇太子だった井上芳雄さんが念願だったトートになるなど、
さらには新しいキャストが多く入ってきていますが、中心には「エリザベート」を知り尽くした役者たちが渾身の力でみせてくれる舞台ですから安心です!

井上芳雄 <出典:http://nuko-nuko.com/1431.html>

【アンサンブルにも注目!】

アンサンブルの力強さが東宝版の魅力でもあります。

群衆での芝居やコーラスが多用される「エリザベート」では、主要キャストだけではなくそれをバックアップするアンサンブルはとても重要な存在。

そしてトートを取り囲むトートダンサーたちの圧倒的な技術にはストーリーとは離れたところでも、目を奪われてしまいます!

トートダンサ<出典:https://twitter.com/ryuhei_kominami>




【期待のエリザベートは経験のあるふたり】

中でも注目だったのがタイトルロールのエリザベート役に日本初演つまり宝塚雪組での初演、そして宙組でも演じた「伝説のシシィ」こと、元トップ娘役花總まりさんが満を持して登場、そしてダブルキャストとしては対照的にフレッシュで2014年に宝塚花組で上演し、明日海りおさんを相手役にしたシシィを演じ退団した蘭乃はなさんを配しています。

2015年版の舞台での評価は、「あのシシィがそのままよみがえった!」と話題になった花總さんはもとより、蘭乃さんもこれまでのシシィになかった可愛らしさと純粋さが好評を得ていました。

今回の「エリザベート」は梅芸、中日、そして博多座と全国の主要な劇場で上演が決定しています。
「エリザベート」を観たことがあるからもう知っている、ではなくさらに進化しつづけるこの演目、一度は観てみるべきですよ!

著者:Seikacat

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!