今日からサク読み!トレタメアプリ

10,027 views

2017年2月5日をもって、宝塚歌劇を卒業する花組トップ娘役の花乃まりあさん。

花乃まりあ出典:©2018 FROM FIRST PRODUCTION CO., LTD.  株式会社フロム・ファーストプロダクション公式HP より


早くから新人公演で抜擢され、さらなる飛躍が予感される中での花組への組替え。

蘭乃はなさんの後任として、2014年から、人気・実力を兼ね備えたトップスター・明日海りおさんの相手役を務めることになりました。

就任直後はファンからも不安の声も少なくありませんでしたが、作品を重ねるごとに、娘役としての魅力が増した花乃まりあさん。演じる役の幅も広く、「これからももっと明日海りお・花乃まりあの作品が見たい!」と思っていた矢先の卒業発表は、残念でなりません。

しかし、本人の決断ですから、笑顔で見送るのが宝塚ファンの運命。

今回は、花乃まりあさん退団特集として、これまでの活躍を振り返りたいと思います。

新人公演ヒロイン、バウヒロイン…早くから抜擢された宙組時代


2010年に宙組に配属されると、2012年には研究科3年目ながら、「銀河英雄伝説」で新人公演ヒロインに初抜擢。

画像の説明文出典:©宝塚歌劇団 銀河英雄伝説 より

研3という若さ、初挑戦というプレッシャーの中、大役を見事に果たしました。ヒロインにふさわしい華やかな容姿と、落ち着いた台詞回し、透明感ある歌声は将来の大器の登場を予感させました。

その後も、「モンテ・クリスト伯」「風と共に去りぬ」と新人公演ヒロインを連続で射止め、存在感を発揮していきます。

宙組時代の花乃まりあさんと言えば、2013年のバウ公演「the WILD Meets the WILD」で演じたヒロイン・エマ役を忘れてはなりません。バウンティ・ハンターとして、男役相手に立ち回りを行い、お酒に寄って朗らかに歌い踊る姿は、まさに”じゃじゃ馬”なヒロイン。

バウ公演だからこそ、成立しえた挑戦的なヒロイン像だったかもしれませんが、この”強く、可憐なヒロイン像”が花乃まりあさんのイメージに定着したのは、間違いありません。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!