今日からサク読み!トレタメアプリ


乃木坂46に続く坂道シリーズの第2弾として昨年8月に結成されたアイドルグループ・欅坂46。

欅坂46

デビュー前から音楽番組やラジオ番組への出演を果たすなど、かなり注目度の高かった彼女たちですが、 4月6日には1stシングル「サイレントマジョリティー」でついにCDデビューを果たしました。

今、そんな欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」が"とんでもないことになっている"と、各方面で話題になっているのです。

今回はそんな欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」のすごいポイントをそれぞれ3つに分けてご紹介。

注目のデビュー曲・その人気の秘密を徹底解剖していきます!

欅坂46「サイレントマジョリティー」のココがスゴイ!① 【売り上げ】

4月6日に発売された欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」は初日のオリコンデイリーシングルランキングで見事初登場1位を獲得。

欅坂46 サイレントマジョリティー

売り上げは19万1203万枚を記録し、なんとこの初日売り上げのみで乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」の発売初週の売り上げ枚数13万6000枚を上回ってしまったのです。

さらに、iTunesの総合チャートでも配信初日に1位を記録し、そこから3日連続で1位を獲得。

今までに乃木坂46の楽曲はiTunesの総合チャートで1位になったことがないので、欅坂46はデビューシングルで早くも"乃木坂越え"を果たす快挙を達成しました。



オリコンチャートの初週売り上げは26万1580枚を記録し、見事に週間CDシングルランキング初登場1位を獲得。

この初週売り上げ26万1580枚という数字は、今までの女性アーティストのデビューシングルが持っていた売り上げ記録・HKT48「スキ!スキ!スキップ!」の25万147枚を上回り、約3年ぶりに史上最高記録を更新。

「サイレントマジョリティー」はデビュー曲ながら、様々な記録を塗り替える大ヒットとなりました。


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

坂道シリーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!