54,413 views

望海風斗 真彩希帆

めぐり逢う奇跡!真彩希帆さんと望海風斗さん(だいきほ)のコンビ愛エピソード



先日発表された人事で、雪組の娘役有沙瞳さんとの交換組替えとして雪組への異動が発表された娘役・真彩希帆さん。


真彩さんは次期トップ娘役としての再異動ではないかという見方が大きいこの組替え。

真彩希帆 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

雪組では2017年春の公演をもってトップスター早霧せいなさん、相手娘役咲妃みゆさんふたりが退団することがすでに発表となり、次期トップスターは順調にいけば二番手スターである望海風斗さんと目されています。


元々花組生として出会い、同時期に異動、雪組で再会することとなる望海さんと真彩さんには実はファンならよく知っている、昔からのコンビ愛が存在しています。

真彩希帆 望海風斗 <出典:twitter.com>

今回はそんな"だいきほ"の心温まるエピソードを紹介していきましょう。


"だいきほ"ふたりのいわゆるなりそめは?


望海さんと真彩さんふたりのコンビ愛が宝塚ファンに深く認識されるようになったのは、タカラヅカスカイステージでのスターが自分の好きなことにさまざまなことにチャレンジしていく番組「Brilliant Dreams+NEXT」望海風斗さん編から。

真彩希帆 望海風斗 <出典:www.amazon.co.jp>

望海さんがファン時代に書いた日記の一文「天海さんもそんなことある?」という名言や、数々のトップスターOGとの対談という伝説を生み出した番組ですが、この中で真彩さんとの共演が話題となったことがふたりのスタートといってよいでしょう。


当時はまだふたりが花組生として一緒だったことから、他の花組下級生たちとともに宝塚歌劇の愛情を追求するという内容のものでした。

だいきほ <出典:prcm.jp>

この番組でふたりがデュエットした「home」が今でも語られるほどのラブソングとしてファンのハートをつかんだのでした。「home」は舞台「ファントム」で主人公の怪人エリックと歌姫クリスティーヌがふたりの間の愛情を、確かめるように歌う名曲。


ともに歌の名手であるふたりによって、舞台ではないのにまるでふたりのためにあるかのようなシチュエーションとレベルの高い歌唱力に皆が驚きました。







星組・雪組への異動後もふたりの絆は変わらず…


そんなふたりが同じ時期に組替えして望海さんは雪組、真彩さんは星組と離ればなれになったのが2015年。


その間それぞれが主演、そしてヒロインとして公演をこなしていき確実に番手を上げていきました。

真彩希帆 <出典:www.imgrum.net>

違う組でありながら、真彩さんは雪組公演をほぼ欠かさず観劇しに行き、望海さんは真彩さんの出演された星組の新人公演を観に行っていました。


バレンタインには望海さんの楽屋までチョコを届けに行っていたほど。

望海風斗 <出典:natalie.mu>

これはもう違う組である娘役としては、特別な思いがこめられていることは認めざるをえません。


もっとも最近の星組大劇場公演「桜華に舞え」で真彩さんは藩主の元側室でありながら遊女にまで身を落す体当たりの役に挑んでいましたが、望海さんは当然こちらも観劇済。二番手男役スターがひとりで、何度も観に来ていてそのお気に入りぶりはファンも知るところになるほどでした。


雪組で再会するふたりの活躍が待ちきれない!


一度は花組で別々の組へと異動が決まり、離れることになったふたりが再び新天地である雪組で再会することになる…



まるで物語をみているかのような展開にファンなら胸熱にならざるをえません!!


雪組の次世代をになうことになるふたり、もしかしたら…?なんて誰でも想像してしまいますよね。



注目のふたりが共演する舞台はいつ?


ふたりが一緒に共演することになる公演は、2017年4月「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』。

幕末太陽傳 宝塚 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

遊郭を舞台にした笑いと涙の日本物とショーとなります。

はたして望海さんと真彩さんふたりがメインとなる場面があるのかどうか?


今から楽しみにしたいですね。

著者:seikacat

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!