170,358 views


【メンバー6】セフン

セフン(本名はオ・セフン)はEXO-Kに所属しています。リードダンサーを担当しており、EXOのマンネ(最年少)です。風を自由に操るアビリティーの能力を持っているとされています。
ヌナペン(年上の女性ファン)が多いことから「ヌナ富豪」とファンに呼ばれていました。また、名前の発音が「セフン」ではなく「テフン」に聞こえるため、「テフン」とも呼ばれています。
マイクのカラーは緑、ファンのイメージしたメンバーカラーは黄色です。


【メンバー7】シウミン

シウミン(本名はキム・ミンソク)はEXO-M所属です。リードダンサーとリードヴォーカルを担当しており、触れたものを凍らせる氷結の能力をもつとされています。
丸顔とふっくらとした頬をもつことからメンバーから「包子(パオズ)」とあだ名をつけられました。また、シウミンがメディアに出演後、たびたび検索ランキングの上位に名前が挙がることから「マグルキラー(一般人を魅了する)」と言われています。
マイクのカラーはグレー、ファンのイメージしたメンバーカラーはオレンジです。



【メンバー8】チェン

チェン(本名はキム・ジョンデ)はEXO-M所属です。高音域のメインヴォーカルを担当しており、雷を支配する能力をもつとされています。
明るくお喋り好きな性格から、メンバーからは「FUNKYチェン」と呼ばれています。
マイクのカラーは青で、ファンのイメージしたメンバーカラーは緑です。


【メンバー9】レイ

レイ(本名はチャン・イーシン)はEXO-M所属です。メインダンサーとリードヴォーカルを担当しており、癒しの能力を持っているとされています。
リアクションや動作が遅く、GIFなどの動画で再生されるものでも画像のように動かないことから、自他問わず「JPG(ファイルの拡張子)」と呼びます。
マイクのカラー、ファンのイメージしたメンバーカラーどちらとも白です。


【メンバー10】タオ(元メンバー)

タオ(本名はファン・ズータオ)はEXO-Mに所属していました。ラッパーを担当しており、時間をコントロールする能力を持っているとされています。
中国拳法を習っていたタオは自らのことを「ロマンチックABスタイルカンフーパンダ」と称していました。ABはタオの血液型のAB、パンダは好きな動物から由来しています。
マイクの色は水色で、ファンのイメージしたメンバーカラーは深緑です。
2015年初夏、タオ工作室という個人事務所を立ち上げ、中国での活動に専念するため事実上の脱退をしています。


おわりに

今回は、EXOのあだ名や非公式のメンバーカラーを中心にご紹介しました。独創的な設定や、個性的なメンバーが多数在籍するEXOに興味が沸いた方は是非Music Videoを観てください。気になるメンバーを見つけたら、メンバーカラーを取り入れたファッションで、コンサートなどに行くことも良いでしょう。公式でのメンバーカラーの発表など、今後のEXOの活動にも目が離せません。


EXOのメンバーで1番好きなのは誰?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!