伶美うらら退団…”まぁうら””まかうら”が魅せてくれた夢


18,602 views

真風涼帆との”まかうら”への期待も高かった

2番手・真風涼帆さんと2番手娘役・伶美うららさんの並びが美しく、この2人のコンビを待望する声も多かったです。

真風涼帆さん主演の「ヴァンパイア・サクセション」では、相手役ではないものの「相棒」として存在感を発揮。

影の相手役といえるかもしれません。

ヴァンパイア・真風涼帆と死神・伶美うららという最強のタッグがもっと見たかったという方も多いのでは?

最後の場面では、伶美うららさんが演技力を最大限に発揮し、場をさらっていたのが印象的です。
伶美うらら 真風涼帆出典:©宝塚歌劇団 宙組公演 『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』より
「シェイクスピア」や「王妃の館」など、大劇場作品では相手役として組みました。

「シェイクスピア」の夫を尻に敷いている姿、コメディ作品の中でも物語を動かすパートを担った「王妃の館」。

当たり前のように真風さんのとなりには伶美さんがいました。
伶美うらら 真風涼帆出典:©宝塚歌劇団 宙組公演 『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』『HOT EYES!!』より
この2人がトップコンビなら「大人」の魅力を体現できるコンビとして、独自の地位を築けたのではと思います。

大人同士の恋の駆け引きがさぞ似合ったことでしょう。

人気作品「オーシャンズ11」の再演があるのなら、まかうらはピッタリだったのにな…と残念です。最後のショーで、2人が組む場面があることに期待したいです。


1 2 3 4>>

3 / 4

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!