5,842 views

空耳アワー常連、METALLICA(メタリカ)の名曲ベスト3

METALLICA
<出典:www.relix.com>


ボーカリスト、ジェイムズ・ヘッドフィールドの独特の歌い方から、日本では「空耳アワーの常連」としても知られているMETALLICA(メタリカ)。1983年のデビュー以来30年以上のキャリアを持ち、1990年代の全米アルバム総売り上げ4位、また全世界販売総数1億1000万枚を記録したモンスターバンドであり、2009年にロックの殿堂入りを果たしています。

metallica-masterpieces

ここでは、そんなMETALLICA(メタリカ)の名曲ベスト3をご紹介します。

【第3位】3rdアルバム『Master of Puppets』より「Master of Puppets」

Master of Puppets
<出典:en.wikipedia.org>


1986年に発表されたメタリカの3rdアルバム『Master of Puppets』は50万枚以上の売り上げを記録し、初のゴールドディスクになるとともに、カリスマ的なベーシスト、クリフ・バートンの遺作となりました。名曲第3位は、このアルバムのタイトル曲である「Master of Puppets」です。
今なおライブで演奏される重要なナンバーで、オーケストラとのコラボレーションを行ったライブアルバム「S&M」では実質1曲目を飾ります。


1分に及ぶギターリフ主体のイントロから、変拍子を織り交ぜたうねりのあるグルーヴに乗せ、恐怖を表現します。間奏では哀愁ある美しいツインギターからギターソロへ向けてどんどん盛り上がっていき、まるで1つの物語を読んだ後のような満足感が得られます。


【第2位】4thアルバム『...And Justice For All』より「One」

...And Justice For All
<出典:www.metalinjection.net>




第2位は、4thアルバム『...And Justice For All』に収録されている「One」です。タイトルの「One」は手足の無い「ダルマ」の意。この曲のヒントとなった小説「ジョニーは戦場へ行った」では、ジョニーは対人地雷で四肢と顔の半分を失いながらも、英雄として、また医学発展の象徴として生かされます。
「One」は、映画版『ジョニーは戦場へ行った』とコラボした、メタリカ初のミュージック・ビデオが制作され、グラミー賞のベスト・メタル・パフォーマンス部門を受賞しています。


重いテーマを歌いながら序盤から前半までじっくり演奏し、徐々にじわじわと盛り上げていく展開がポイントで、カーク・ハメットのギターソロでこの曲のストーリーは最高潮に達します。

【第1位】5thアルバム『METALLICA』より「Enter Sandman」


METALLICA
<出典:www.amazon.co.jp>


1990年に発表された5thアルバム『METALLICA』は、これまでのスピード路線からヘヴィネス(重さ)重視への転換が図られた作品です。「ヘヴィネス」はこの時代のメタルシーンで重要なキーワードになりました。
『METALLICA』は、ドラマティックな展開は健在ながら、前作までの特徴でもあった突然の変拍子やテンポ変更などがぐっと減り、とても聴きやすくなりました。メタルミュージックの入り口として、メタルを聞き慣れない人にもおすすめできる作品です。栄えある第1位は、このアルバムに収録されている「Enter Sandman」、メタリカ最大のヒット曲です。


この曲の重要なポイントは、イントロおよびサビで用いられるギターのリフです。各場面でサウンドや音使いを変えながらも、同じモチーフで展開していくことで強く印象に残ります。シンプルなリフをただ繰り返すだけであったスラッシュメタルというジャンルに、新たな可能性を示した名作です。


おわりに

メタリカは今や大御所バンドですが、ツアーやフェス出演など、現在でも精力的なライブ活動を展開しています。2014年には「1年間で、7大陸すべてでコンサートを行った唯一のバンド」として、ギネス世界記録に認定されています。ぜひライブ会場でメタリカのエネルギーに触れてください。

3rd-album

カテゴリー
タグ METALLICA
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

HR/HMの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!