ワンオク初出場でメトロック2016のチケット倍率上昇?!注目バンドを一挙紹介

邦ロック好きにはすでにお馴染みとなっている5月の音楽フェス「METROCK(メトロック)」。2016年は大阪・5月14日(土)/15日(日)、東京・21日(土)/22日(日)にて開催が決定しています。

メトロック <出典:https://twitter.com/METROCK_pr/status/470769714034008064>
CM起用で一気に世間への知名度が増した人気バンド"ワンオク"ことONE OK ROCKの出演発表も影響しチケット入手が困難に!今年も期待が高まるメトロックの出演アーティストから注目バンドをご紹介します。

▷ワンオクのメトロック初出演発表でチケット倍率が上昇?!

ワンオク <出典:http://matome.naver.jp/odai/2142831560381541401/2142831781682967303>
全日程出演アーティストも公開になり、すでに一般チケットがほぼ完売している2016年のメトロック。今年から大阪に特設会場を設置し、大阪(METROCK大阪特設会場)5月14日(土)/15日(日)、東京(新木場・若洲公園)21日(土)/22日(日)の2週に分けて開催されます。

例年一般発売でのチケット入手が困難なことで有名ですが、今年は特に一般発売前の最終アーティスト発表時にワンオクの初出演が決定し、チケット倍率が上昇したのではと噂に。オークション等でも価格が沸騰している人気チケットになっていますよね!



◆野外フェスでのワンオクに期待が高まりすぎる!


昨年10周年を迎えたワンオクは今や海外ツアーを続々と成功させ、世界で通用するロックバンドに成長。そんなワンオクが世間への知名度を一気に高めるきっかけとなったのがドコモCM曲への起用です。人気曲「Wherever you are」がCMで流れるとたちまちTakaの甘い歌声に虜になる人が増出。


そんなワンオクが真の魅力を発揮するのはやっぱりライブ。生演奏の迫力はもちろん、ボーカルのTakaを筆頭にカリスマ性溢れるメンバーたちが観客を煽りに煽り、ボルテージを上げていきます。

メトロックの出演は東京のみの5月22日(日)。野外で行われる開放的なメトロックにて、どんな熱気と伝説を生んでくれるのか。期待が高まって今から興奮状態に陥っています…!


▷東京タイムテーブルから編集部が厳選した一押し注目バンドを紹介!

メトロック <出典:https://twitter.com/METROCK_pr/status/470091321877618688>
しかしメトロックへの期待を高めているのはワンオクだけではありませんよね。すでに全日程のタイムテーブルが公表されていることから、ライブ本番に向けてマイタイムテーブルを練っている人も多いのでは?そこでトレタメ編集部が独自に選出したメトロック東京公演に出演する全アーティストの中でも一押しの注目バンドをご紹介!各ステージの目玉は彼等にキマり?!




▷時代の波に乗る注目バンドはやっぱり〇〇…?!

メインステージである《WINDMILL FIELD》には誰もが楽しめる有名人気バンドが揃い、サブステージ《SEASIDE PARK》には独自の世界観を持つ安定バンドのラインナップ。ステージ規模は最小ながらも最も勢いがあると言って過言ではない《NEW BEAT SQUARE》は邦ロックの真髄を感じるアツいバンドたちが集結しています。

そこで東京公演の全日程、各ステージごとの編集部一押し注目バンドを選出してみました!ぜひマイタイムテーブルに組み込んでみてくださいね♪


▷東京公演1日目/5月21日(土)

◆WINDMILL FIELD:サカナクション




最早フェスに欠かせない存在となっている"サカナクション"が1日目のトリを飾ります。洗練されたセンスを放つ楽曲、そして夜空に浮かび上がるレーザーの光を使った演出に踊らずにはいられなくなるはず!

◆SEASIDE PARK:THE ORAL CIGARETTES(ジ オーラルシガレッツ)




TVアニメ『ノラガミARAGOTO』のOP曲にも選ばれ、着実にステップアップしているTHE ORAL CIGARETTES。"肉食系バンド"とまで称される彼等のアグレッシヴなライブ・パフォーマンスは絶対に見逃せませんよ!

◆NEW BEAT SQUARE:lovefilm(ラブフィルム)


lovefilm <出典:http://lovefilm.jp/>

昨年惜しまれながらも解散したthe telephones.「フェスに電話がいないなんて…!」と喪失感を抱いている人に朗報です。the telephonesの石毛輝&岡本伸明が新たに結成した新4人組バンド"lovefilm"が早速メトロックに参戦!どんな音楽を届けてくれるのか、未知数の可能性に期待が膨らみます。


------------------------------
東京公演1日目/5月21日(土)タイムテーブル

▼WINDMILL FIELD
12:00- KEYTALK
13:30- KANA-BOON
15:00- THE BAWDIES
16:30- 東京スカパラダイスオーケストラ
18:10- ゲスの極み乙女。
20:00- サカナクション

▼SEASIDE PARK
12:50- SHISHAMO
14:20- BLUE ENCOUNT
15:50- THE ORAL CIGARETTES
17:20- パスピエ
19:10- 高橋優

▼NEW BEAT SQUARE
12:40- lovefilm
14:10- ウソツキ
15:40- Shiggy Jr.
17:10- GLIM SPANKY
19:00- 夜の本気ダンス





▷東京公演2日目/5月22日(日)

東京公演2日目の豪華ラインナップからは、冒頭に紹介したワンオクを除く以下の3組をピックアップ。

◆WINDMILL FIELD:[Alexandros](アレクサンドロス)




メトロック大トリを務めるのはやっぱり[Alexandros]。飛ぶ鳥を落とす勢いで駆け抜けてきた彼等の人気はまだまだ留まることを知らず、いつの間にか多くのフェスでトリを任されるバンドとなりました。彼等の爽やかな楽曲が初夏の風を連れて来てくれるはず!

◆SEASIDE PARK:indigo la End(インディゴ ラ エンド)



ゲスの極み乙女。川谷絵音がボーカルを務めるバンド、indigo la End。ゲスの人気ぶりに影を潜めていた彼等ですが、今再び注目を集めています。バンド名はスピッツのアルバム『インディゴ地平線』を由来にしたとのことなので、スピッツファンはぜひ聴いてみてくださいね。

◆NEW BEAT SQUARE:Suchmos(サチモス)



今年最も快進撃をみせているのがSuchmos。フジロックや各地フェスへの出演が決まっている彼等は邦ロック界1番の注目株と言っても過言ではないかも。ブラックミュージックの流れがきている今、Suchmosに魅入られる人が増えてきそうな予感です。


------------------------------
東京公演1日目/5月22日(日)タイムテーブル

▼WINDMILL FIELD
12:00- キュウソネコカミ
13:30- 9mm Parabellum Bullet
15:00- くるり
16:30- 星野 源
18:10- ONE OK ROCK
20:00- [Alexandros]

▼SEASIDE PARK
12:50- グッドモーニングアメリカ
14:20- OKAMOTO’S
15:50- アルカラ
17:20- きのこ帝国
19:10- indigo la End

▼NEW BEAT SQUARE
12:40- Suchmos
14:10- Anly
15:40- 水曜日のカンパネラ
17:10- 04 Limited Sazabys
19:00- WANIMA
------------------------------


ワンオクを始めとし、2016年のメトロックに華を添える注目バンドを一挙に紹介してきました。あなたが気になっているバンドは登場しましたか?フェスは好きなアーティストだけでなく今まで聴いたことのないバンド発掘にも絶妙な場所。フェス仲間と和気藹々盛り上がるのも最高に楽しいですが、ぜひ今勢いに乗っている人気上昇中のバンドたちもチェックしてみてくださいね♪

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!