トレタメ記事内画像について


22,560 views

憑依型演技力!?宙組トップ娘役・実咲凜音さんの演技力がすごい

宙組トップ娘役として活躍されている実咲凜音さん。


実咲凜音


先日まで上演されていた『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』ではエリザベート役を好演し、宝塚ファンだけではなく多くの注目を集めたことも記憶に新しいですね。


そんな実咲凜音さんは次回宙組大劇場公演『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVA! FESTA!』をもって退団されることを発表しています。


今回は実咲凜音さんのこれまでの活躍を作品、そして演じてきた役から現在に至るまで彼女の""軌跡""を辿ってみることにしましょう。




彼女のおかげで作品の魅力を知る『ファントム』



ファントム 宝塚


95期生として宝塚歌劇団へ入団した実咲さんですが、当時娘役のなかではトップの成績で入団したエリートさんでした。(すでに片鱗が伺えますね)


花組に所属されるとすぐに新人公演やバウ公演など数々の作品でヒロインを経験します。


そんな花組時代の実咲さんの演じた役の中で""印象的な役""を聞かれたら2011年に上演された『ファントム』の新人公演でヒロインのクリスティーヌ役を挙げる方が多いのではないでしょうか。出演者それぞれの力量、そして全体的な作り込みも含め、そのレベルの高さは新人公演の域を超えているとまで言わしめました。


実咲凜音 ファントム


クリスティーヌは、主人公のオペラ座の怪人ことエリックが『歌声だけで惹かれる天使の歌声』が、何よりも作品に引き込めるかどうかの鍵になってきます。クリスティーヌに観るもの聴くものを惹きつける魅力があるだけで、登場人物の思惑がスーーッと腑に落ちてきますから。


歌がうまいだけではない柔らかさと突き抜けるような綺麗な彼女の歌声は、『天使の歌声』と言われたクリスティーヌ役が本当にはまり役だったといえるでしょう。


実咲さんは当時クリスティーヌを演じる際に、

""クリスがエリックの顔を見て逃げ出すのは軽率な行動に見えて悩んだ。""
""顔の醜さを見て逃げたのではなく、エリックがそれまで背負ってきた色んな重いものが一気に迫ってきてそれに耐えられなくなった、と考えた""



と語っています。




行動一つ一つにしっかりと理由を持たせ、それを意識する。当たり前のことかもしれませんが、それを観客に伝えるということは簡単なことではありません。この『ファントム』を観てはじめて『ファントム』ってこういう作品だったんだ!!と気付いた人も少なくなかったかもしれませんね。


クリスティーヌを自分のなかに落とし込む為に、自分の中でクリスティーヌという一人の少女を、そして『ファントム』という作品を一噛みずつしっかりと噛み砕いて来たのだなあと感じます。当時研3と考えると改めて末恐ろしいです。(笑)





1 2 3 4

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!