MONGOL800は何故TVにでない?謎多きプロフィールと隠れた名曲3選

"ロック界最強のマイペース"と称される沖縄出身バンド、MONGOL800。大ヒットを飛ばした「小さな恋のうた」は知っているけれど、彼らの人柄はイマイチ謎に包まれている‥。

どうしてこんなにもメディア露出が少ないのか?モンパチの知られざるプロフィール、そして代表曲の裏に隠れた絶対に聴いてほしい名曲をご紹介します!

"ロック界最強のマイペース"MONGOL800

MONGOL800 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2142755632099490301/2142755805100491103>

沖縄出身のスリーピースバンド・モンパチことMONGOL800の名を知らない人はいないはず。そんな彼らですが未だにメジャーデビューはしておらず、沖縄のインディーズ系レコード会社、ハイ・ウェーブに籍をおいています。

CM曲に起用されたことで一気に注目を集めた「あなたに」、「小さな恋のうた」を収録した2ndアルバム『MESSAGE』はインディーズアルバム史上初のミリオンセラーを達成。

発売から7ヶ月ほどでオリコン・チャート1位、280万枚を売り上げる快挙を成し遂げています。

どうしてメディアへの露出が少ないの?

MONGOL800 <出典:http://www.jfn.jp/News/view/mon8/20152>
大ヒットを飛ばしたモンパチにメディアからのオファーが殺到。『NHK紅白歌合戦』からも出演依頼がきたほどだったそうですが、当時から彼らはメディア露出を控え、片っ端から断っていたと言います。

インディーズデビューからたった2~3年で爆発的人気を得てしまったモンパチは、突如として変わる日常に精神的危惧を感じメディア露出を控えたとまことしやかにいわれているそう。

ブームが落ち着いてくると徐々に出演依頼に応えるようにはなりますが、1998年結成から15年後、2013年にしてようやくテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演します。

この時が初めての生放送番組への出演でした。

MONGOL800 <出典:https://twitter.com/stardust_bass/status/295345890305118209/photo/1>

「公共の電波向きじゃ無いと思う」との発言もあり、元々メディアに対する関心が低いこともひとつの要因になっているようです。

メディアへの露出を控える代わりにライブを中心に活動してきたモンパチ。自分たちのペースを崩すことなく、ヒットに浮かれることなく、あくまでも沖縄を拠点に着々と一歩ずつ歩み続けてきました。

「ロック界最強のマイペース」と称されることもありますが、だからこそ一発屋で終わらない安定した人気を獲得しているのでしょうね。



謎に包まれたMONGOL800のプロフィール

MONGOL800 <出典:http://fanblogs.jp/wataridori/archive/213/0>

モンパチは沖縄出身・高校の同級生である、上江洌 清作(Vo&Ba)、儀間 崇(Gt&Vo)、髙里 悟(Dr.)によるスリーピースバンド。

バンド名"MONGOL800"の由来は儀間さんによる"思いつき"なのだとか。意味は特になく、強いていうなら800は末広がりの八が縁起がいいから、モンゴルとは一切関係がないそうです。

◆【Vo&Ba】上江洌 清作(うえず きよさく)
MONGOL800 <出典:https://twitter.com/MONGOL800_info/status/620935306666115072>
1981年2月15日生まれ。バンドの顔であるフロントマン、Vo&Ba担当の上江洌 清作(うえず きよさく)さん。キヨサクの愛称で親しまれています。

沖縄在住の一般女性と結婚、ふたりの子どもがいるようですが、現在は離婚してしまっています。

モンパチの楽曲の大半はキヨサクさんが作詞作曲を手がけており、メディアへの露出を嫌いながらも心には熱いメッセージを抱えている情熱的な人。

キヨサクさんを中心としたセッション集団"The NO PROBLEM's"での活動も行っています。


◆【Gt&Vo】儀間 崇(ぎま たかし)
MONGOL800 <出典:https://twitter.com/MONGOL800_info/status/647376110561292288>
1980年10月9日生まれ。タカシことGt&Vo担当の儀間 崇(ぎま たかし)さんはモンパチで一番のスレンダー体型。

時に作詞を担当・メインボーカルでの楽曲もいくつかあり、タカシさんの歌声が好きというファンも少なくありません。そんな彼の歌声を聴くならおすすめは「ベイビーシーサー」。

モンパチらしくキャッチーで疾走感のあるサウンドに、キヨサクさんの甘い歌声とはひと味違ったタカシさんの爽やかな歌声がマッチしています。

"DJ GUM-TAPE a.k.a 儀間崇"の名でDJプレイを披露する一面も!


◆【Dr.】髙里 悟(たかざと さとし)
MONGOL800 <出典:https://twitter.com/MONGOL800_info/status/479918842953494528>
1980年8月17日生まれ。Dr.担当・髙里 悟(たかざと さとし)さん、愛称サッシ。

釣りが趣味なサッシさんは、好きが高じて自身のフィッシングファッションブランド"Tetrapots(テトラポッツ)"を手がけています。

その腕前も確かなようで2013年に行われた「第32回G杯争奪全日本がま磯(グレ)選手権」ではなんと優勝。

MONGOL800 <出典:http://www.pictaram.com/media/1141730253876647402_4987196>
また書道歴も長く、2015年12月に放送された土曜プレミアムワンピースSPアニメ『アドベンチャー オブ ネブランディア』内にて、敵キャラ・コーメイが考案した作戦名の筆文字を担当していました。


こうしてみると、モンパチのメンバーはみな多才で幅広いジャンルで活動しているよう。個々の活躍にも注目してみたくなりますね!



「小さな恋のうた」だけじゃない!YouTube公式で聴くべきオススメ楽曲

大ヒットを記録した「小さな恋のうた」「あなたに」しかモンパチの曲を知らないという人は絶対に損しています‥!沖縄愛に溢れるモンパチにしか生み出せない隠れた名曲が山程あるんです。

YouTube公式アカウントで聴くことができるモンパチの名曲を3つに厳選してお届け!

◆OKINAWA CALLING


陽が燦々と降り注ぐ沖縄の暖かな風を感じるキャッチーな「OKINAWA CALLING」。お馴染みの掛け声"イーヤーサーサー"と皆で合唱しながら踊りたくなる一曲ですね♪

◆琉球愛歌


戦争の歴史を背負う沖縄で歌われる「琉球愛歌」。武器を持たない、戦争をしない選択をしてきた日本に住む私達のこれからの在り方を問われているかのような歌詞です。

動画では若かりし頃のモンパチメンバーが映っているのでそちらも必見!キヨサクさんが別人のように痩せていました‥。

◆himeyuri~ひめゆりの詩~


沖縄戦の終戦から70年が経った2015年、沖縄で"慰霊の日"に制定されている6月23日に「himeyuri~ひめゆりの詩~」を発表しました。

戦争体験者が年々減ってもその強い悲しみと怒りを忘れてはいけない。後世に残したい、恒久平和を願う楽曲です。

◆小さな恋のうた


最後に「小さな恋のうた」を改めて聴いて欲しいと思います。

沖縄で生まれたモンパチの中にある平和に対する思い。そのうえで生まれる"小さな恋"。「やさしい歌は世界を変える」‥。自分の身近にいる人を愛する気持ち、それらが蓄積することできっと平和な世界が生まれるのではないか。

モンパチの楽曲を知れば知るほど新たな"意味"を自分の中に発見する「小さな恋のうた」はやっぱり名曲ですね。


天災・人災の消えない憎ましい地球、同時に愛する人と豊かな自然が生きる愛しい地球‥。そんな人々の小さな思いを歌うモンパチの魅力が凝縮した隠れた名曲でした。


モンパチに会いたい!美らSUNビーチで主催フェス『What a Wonderful World!! 16』開催

MONGOL800 <出典:http://ticketcamp.net/live-blog/mongol800-chiisanakoinouta/>
モンパチの楽曲を聴いていたら彼らに会いたくなってしまった‥。そんな貴方に朗報!

2016年11月5日(土) 6日(日)に沖縄・美らSUNビーチでモンパチ主催のフェス『What a Wonderful World!! 16』の開催が今年も決定しています♪

出演アーティストはWNIMA/氣志團/DRAGON ASH他、なんだかアツいメンツが並んでいるじゃありませんか‥!

メディア露出の少ないモンパチの良さを体感する絶好の機会をどうかお見逃しなく。ここまで読んでくれた貴方は是非とももっともっとモンパチの謎深き魅力を探求してみてくださいね♪

MONGOL800 公式サイト:http://www.mongol800.jp/index.html

タグ MONGOL800
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!