モンスタークリエイターユニット、HoneyWorksって?!

ニコニコ動画など動画投稿サイトで活動するHoneyWorksは、動画投稿はもちろん、メジャーデビューして楽曲をリリースしているほか、楽曲発の小説が制作されるなど、幅広いジャンルで活躍しているクリエイターユニットです。
HoneyWorks <出典:www.syncmusic.jp>

活動の場がさらに広がっているモンスタークリエイターユニットは「ハニワ」の愛称でもおなじみのHoneyWorksって何?という素朴な疑問から、人気曲、キャラクターとの関係などについての保存版解説です。

 


■HoneyWorksとは?解説とこれまでの快進撃

HoneyWorksは、2010年にニコニコ動画にてVOCALOIDオリジナル曲(動画)の活動を開始したクリエイターユニットです。

メンバーは楽曲担当のゴム(Gom)、同じく楽曲担当の使徒(shito)、イラスト・動画担当のヤマコで、サポートメンバーとしてギター担当の海賊王(Oji)、イラスト担当のろこる、動画担当のziro、ピアノ・キーボード担当のcake、イラスト・動画担当のモゲラッタ、ドラム担当のAtsuyuk!がいます。
メンバーがHoneyWorksができる前からすでに人気だったこともあり、ファンからするとまさに夢のようなユニットなのです!

<出典:www.youtube.com>

2011年に『ハニワ曲歌ってみた!『初恋ノート!』『ハニワ曲歌ってみた2!』を発売。2012年にコンピレーションアルバム『BabyPod~VocaloidP×歌い手 collaboration collection~』、2013年に『ハニワ曲歌ってみた3』『六弦アストロジー』を発売しました。

<出典:www.youtube.com>

また同年、テレビアニメ『BROTHERS CONFLICT』のオープニングテーマの作曲、編曲を担当。
2014年にメジャーデビュー、『東京レイヴンズ』2期OP、『アオハライド』OP、『まじっく快斗』OP、『ナルト疾風伝』ED、『銀魂゜』OPといった人気アニメのOP、EDの楽曲も多く手掛けています。
ハニワ 小説 <出典:twitter.com>

HoneyWorksの大きな特徴は、メジャーデビューしてシングルやアルバムをリリースするといった一般的なミュージシャンの道筋にはまらないことです。
HoneyWorksの楽曲は小説化やコミック化されており、さらに劇場アニメ化まで広がりをみせています。特に楽曲を小説化したライトノベル『スキキライ』『初恋の絵本』などの5作品は85万部が発行されて大ヒット、HoneyWorksがモンスタークリエイターユニットといわれる所以になっています。

 

■『告白実行委員会~恋愛シリーズ~』を劇場アニメ化


告白実行委員会~恋愛シリーズ~ <出典:www.honeyworks-movie.jp>

HoneyWorksの人気曲『告白予行練習』『初恋の絵本』『ヤキモチの答え』を中心としたシリーズ・プロジェクト『告白実行委員会~恋愛シリーズ~』はファンからの熱い要望の末、ついに劇場アニメ化が発表され、2016年春に全国劇場での公開が予定されています。

 

■HoneyWorksとキャラクターのカンケイ

HoneyWorksがリリースしたアルバムの初回生産限定盤には、DVDが同梱されています。
ハニワ キャラ 声優 <出典:allin8.net>

そこには豪華声優陣がキャラクターを演じたり、HoneyWorksの楽曲をキャラクターが歌ったものが収録されています。グッズも多数販売しており、キャラも人気となっているので果たしてこのキャラクターに劇場で会うことができるのかどうか、ファンにとってはそこも興味深い話題なのです。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!