今日からサク読み!トレタメアプリ


今年の大劇場公演2作目となった月組公演。

お芝居の「カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-」は心温まるストーリーでしたが、観客の度肝を抜いたのがショーの「BADDY -悪党は月からやって来る-」。

様々な芝居作品でヒットを飛ばし続けている新進気鋭の演出家、上田久美子氏の初めてのショー作品ということでも注目を浴びたのですが、開幕後の話題もすごいものがありました。

今回は、東京公演で「BADDY」をご覧になる方々のために、見所を紹介していきます!

こんな宝塚のショーは初めて。全編通して徹底したストーリー仕立て!

まずは前編として、ストーリーやシーンについて。

宝塚のショーでは、全編ストーリー仕立てになっているものは珍しいものです。

プロローグで全員が楽しく歌い踊り、その後、シーンごとに設定やストーリーを感じさせるものが、いくつか連なって、フィナーレナンバー後、グランドフィナーレを迎える・・・というのがよくあるショーの大体の流れです。

今回の「BADDY」はこうした宝塚のショーのセオリーを全く覆すものでした。

BADDY 月組 珠城りょう出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-』『BADDY-悪党は月からやって来る-』より全編ストーリー仕立てで、スター級の人から脇役まで通し役がついており、お芝居としても楽しめるショーなのです。

「ノバ・ボサ・ノバ」など、ストーリー仕立てのショーはこれまでもありましたが、フィナーレの男役群舞ナンバーに到るまでストーリーが関わっているショーは初めて!

少なくとも筆者が観てきた30年近い観劇歴の中でも初めてのことでした・・・。

それではどんなストーリー設定なのか、詳しく紹介していきましょう!


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!