【1日ひたすら森岡賢に浸る】モリケンワールドの魅力

2016年6月3日、『minus(-)』のメンバーでもあり、元『SOFT BALLET』、森岡賢さんが心不全のためこの世を去りました。享年49歳。

2016年は国内外でレジェンドたちの訃報が相次いでいますが、またしても若すぎる才能が逝ってしまいました。
森岡賢 <出典:http://www.bsfuji.tv/pub/moriokakentuitou/pub/index.html>
minus(-)としての活動はまだまだこれからというタイミングなだけに、ファンとしてはショックが大きいでしょう。

SOFT BALLETでの活動で広く知られている森岡賢さんですが、キーボーディスト、コンポーザーとして様々なアーティストの活動に参加しています。

他のアーティストのステージでも全く自重しないそのスタイルを目の当たりにして、「いったいこの人は何なのだろう?」という強烈なインパクトを与えられた人も多いのではないでしょうか。

今回は彼の功績を振り返る意味でも、「森岡賢」が持つ唯一無二の魅力について検証してみます。

森岡賢さんのプロフィール

森岡賢 <出典:http://extradmt.net/10791.html>
森岡賢さんは1967年3月15日生まれの東京都出身。

父は作曲家の森岡健一郎さん、姉は現代美術家の森岡寿里さんという、アーティスト一家に生まれました。また、実弟のひとり、森岡慶さんはギタリストです。

5歳よりピアノをはじめ、子供のころにはすでにシンセサイザーで遊んでいたといいます。

音大への入学、中退を経て、1982年よりキーボートプレイヤーとしての活動を開始しました。

1985年にはSOFT BALLETの前身となるバンドをのちのメンバーである遠藤遼一さん、藤井麻輝さんと立ち上げています。

1989年にはSOFT BALLETとしてメジャーデビュー。1995年のSOFT BALLET“終了”後は本格的なソロ活動を開始。

このころから、プロデューサー、サポートミュージシャンとして活躍しています。

2002年にSOFT BALLETの活動を再開させますが、翌年には再び活動を“終了”。

その後もプロデューサー、キーボーディストとして精力的に活動しています。

2014年にはSOFT BALLETでの盟友、藤井麻輝さんとともに『minus(-)』を結成しますが、そのわずか2年後に心不全により帰らぬ人となってしまいました。

携わったアーティストは数え切れませんが、パーマネントなメンバーとして活動していたのはSOFT BALLET、そしてその後身バンドといっていいminus(-)だけです。

特にSOFT BALLETは他二人のメンバーとの対比で森岡さんの魅力も際立っていたことから、思い出深い人も多いと思います。





希代のアンドロギュヌス

森岡さんを唯一無二な存在だと印象づけるもの、それは何といっても彼のルックスとステージパフォーマンスです。

3人組のSOFT BALLETでは一番目立っていた存在といって間違いないでしょう。
SOFT BALLET <出典:https://jp.pinterest.com/hologramrose/soft-ballet/>
全身タイツのような白い衣装でキーボードの前に立っていたかと思えば、演奏はほとんどせず踊りだすのです。この『クネクネダンス』と通称されるダンスが「森岡賢」の真骨頂でした。

男か女かわからない両性具有性を持ち、下手をすれば宇宙人のようにも見える森岡さんのパフォーマンスは我々に強烈なインパクトを残しました。「何かイケナイものを見てしまった……!」という感覚を覚えた人も多いはずです。歌番組に出ている彼を見ていると、お母さんに怒られたなんてこともあるかもしれません。とてつもなく異端なのに不思議とクセになるのが森岡さんの魅力でした。

どのアーティストに参加しても一目で「森岡賢だ!」とわかる個性。そんな彼のスタイルは49歳でその生涯を閉じるまで、変わることはありませんでした。優れたプレイヤー、コンポーザーであると同時にアンドロギュヌス(両性具有)のアイコンであり続けたのです。
森岡賢 <出典:http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465336245/>
「森岡賢」としてのスケジュールは現在すべてキャンセルされています。

予定されていたminus(-)のツアーも、一部公演を除いて中止。

2016年8月13日の赤坂BLITZ公演は開催予定ですが、どのような形で行われるのかは不明です。彼の死によりファンの悲願だったSOFT BALLETの再々結成は叶わぬ夢になってしまいましたが、SOFT BALLETの元ボーカリスト、遠藤遼一さんからは公式ホームページにて追悼のコメントが寄せられています。

もう一人の盟友、藤井麻輝さんからはオフィシャルなコメントはありませんが、minus(-)公式ツイッターにアップされた最後の画像は、藤井さんと森岡さんが仲良く映っている写真でした。

緊張感のある関係を保ち続けたことで知られる二人ですが、近年の関係性は悪くはなかったのでしょう。

デビュー以降、鮮烈なインパクトを我々に残し続けた「森岡賢」。

彼の楽曲とパフォーマンスは時代を超えた魅力を持っています。minus(-)の活動を見守ると同時に、今一度、森岡賢さんの冥福を祈りましょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

1 件のコメント

  • ちゃっくん says:

    森岡君なくなっちゃったのね。そして、そんなに有名な人になってたのね。
    小学生の時、同じクラスで一度だけみんなでお宅にお邪魔しました。あの時代でおうちにビデオがあって、すごいなって思った。可愛いチャウチャウが、いたよね。
    おっとりして、優しい子だった。
    小学生時代にイジメにあってたとかあるけど、そんなことはなかったよね。

    心からご冥福をお祈りします。



    心から、ご冥福をお祈りします。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!