今日からサク読み!トレタメアプリ


メンバーが不定期で入れ替わりますが、いまだに国民的アイドルグループとしてのポジションを守り続けている「モーニング娘。」。2015年現在では全員が平成生まれのメンバーで構成されており、日本だけでなく海外にも根強いファンが数多く見られます。

ここでは、モー娘。の今までの活躍などを振り返りながら、歴代リーダーとセンターをご紹介します。

モーニング娘。
出典:©DC FACTORY モーニング娘。'17マネージャー Twitterより


モー娘。の歴代リーダー

モー娘。の初代リーダーは、1998から2001年4月15日まで中澤裕子が務めました。社会人としての経験を経ており、しっかり者であったことがリーダーに選ばれた理由であると言われています。


2001年4月16日から2005年1月30日まで飯田圭織がリーダーとなりました。初代リーダーが決まる前から立候補したというエピソードが残っているほど、モー娘。に対して熱い思いを持っていたと言われています。1期メンバーの中では最後に卒業したメンバーであり、長い期間モー娘。を支え続けました。


次にリーダーとして選ばれたのは、2005年4月14日まで務めた矢口真里です。リーダーとして積極的に活動を続けていましたが、俳優との熱愛記事が公表されてしまい、リーダーのまま即日脱退することが決まりました。そのため唯一卒業コンサートが開かれていないメンバーです。


2005年4月15日から2007年5月6日までのリーダーは、「かっこいい!」とファンから言われることも多い吉澤ひとみです。フットサルチームでキャプテンを務めるなど、運動神経が抜群なメンバーです。


そしてその後は、藤本美貴が2007年5月7日 からリーダーとして選ばれました。しかし、彼女も芸人との熱愛記事が公表され、1ヶ月ほどで脱退を余儀なくされてしまいました。彼女の脱退によって、急きょリーダーとして選ばれたのが、「世界で最も美しい顔100人」にノミネートされたこともある高橋愛です。2011年9月30日までリーダーを務めあげ、歴代リーダーの中では最長の期間となりました。


2011年10月からは、新垣里沙が7代目リーダーを務めています。彼女は約10年9か月もの長い間、メンバーとしてモー娘。を支えました。


そして、2012年5月19日から2014年11月26日までリーダーを務めたのが、道重さゆみです。独特なキャラが持ち味なメンバーであり、コンサートだけでなくテレビなど、さまざまな方面での活躍が目立ちます。彼女は11年10ヶ月もの間モー娘に在籍しており、歴代メンバーの中で最長在籍記録を保持しています。


2014年11月27日から現在までのリーダーが、最年少でリーダーになった譜久村聖(ふくむら みずき)です。

譜久村聖
出典:©DC FACTORY 譜久村聖 ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト モーニング娘。'17:プロフィールより


1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

ハロー!プロジェクトの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!