上田久美子さんの大劇場デビュー作「星逢一夜」の魅力をフライング気味に語ってみよう

2015年7月から8月は宝塚大劇場で、9月から10月は東京宝塚劇場で上演される雪組公演の「星逢一夜」
星逢一夜と書いて「ほしあいひとよ」と読みます。
星逢一夜
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

江戸時代の九州と江戸を舞台に繰り広げられる、身分を超えた友情と愛情。それがやがて運命と歴史に翻弄されるというストーリーを描いた作品ですが、内容だけでなく配役や演出など作品を創り上げるスタッフにもたくさんの注目ポイントがいっぱい!

雪組入魂の舞台、「星逢一夜」の魅力を語っちゃいましょう。

 

■上田久美子さんにとっての記念すべき大劇場デビュー作




まず注目なのは演出の上田久美子さん
なんと、この「星逢一夜」が大劇場デビュー作なんです。

江戸中期、九州にある「三日月藩」を舞台に繰り広げられる江戸時代ならではの時代背景に彩られた人間の愛と友情という、とても難しいテーマに挑んでいます。
三日月藩という、なんともロマンティックな名前も宝塚らしくていいですよね。
上田久美子
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

藩主の子息と領民という天と地ほどの差がある身分の少年少女たちが育んできた友情というヒューマンな一面と、藩主の子息が出世するごとに領民を窮地に追い込んでしまうというジレンマ。

やがて悲しい結末に向けてストーリーは進んでいくのですが、そこを華やかにタカラジェンヌたちが演じきる姿…これだけでも妄想が膨らみます。
バウホール公演で実績を積み上げてきた上田久美子さんのパワーがどう炸裂するのか、これは見どころです!

 

■早霧せいなさん、咲妃みゆさんの雪組トップコンビが再び並び立つ


次に「星逢一夜」の配役にも注目してみましょう。

主人公の藩主子息、天野晴興を演じるのは我らが雪組トップスターの早霧せいなさん
87期生としてタカラジェンヌとなり、2014年に雪組トップスターに就任したエースです。
天野晴興 早霧せいな
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

長崎県佐世保市出身ということで九州の「三日月藩」という設定にぴったりの配役となりました。
せいなさん自身も「一本筋の通った晴興として生き抜きたい」と主演への意気込みを語っています。

晴興に思いを寄せる泉にはもちろん、雪組トップ娘役の咲妃みゆさん
これはもう文句なしの配役です。
泉 咲妃みゆ
<出典:community.pia.jp>

早霧せいなさんとは同じく宝塚大劇場の公演「ルパン三世」に続くコンビとなります。

そして泉に思いを寄せる三角関係を織りなす源太には雪組男役スターの望海風斗さん
音楽学校卒業時の成績が2位だったことで知られる生粋のエリート・ジェンヌです。
望海風斗 源太
<出典:community.pia.jp>

雪組のスターが一堂に会し、そして上田久美子さんにとっても大出世作となる「星逢一夜」、これはもうヅカファンマストですよ♪

コメントを投稿する

1 件のコメント

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!