ジャニーズのコンサートに必携!?軽く見やすく綺麗なオペラグラス紹介!

コンサートに行った際には、席によって必要となるオペラグラス(双眼鏡)。

コンサート中使用するものですから、いくら綺麗でも重過ぎると大変…片手にはうちわやペンライトも持つのにぴったりな片手で持って使える、かつアップで綺麗に見えるお勧めのオペラグラスをご紹介します!

ジャニーズ ドームコンサート <出典:http://news-sokuhou.xsrv.jp>
特にドームコンサート系などで、出ているアーティストやバックダンサーとして出ているJr.を間近に見たい人には必見です!

コンサート用オペラグラスの選び方

まずは、上記にもある重量!重すぎると持っている手が疲れてきてしまいますから重さは最大でも300g~350gの間ぐらいが良いでしょう。負担無く持ち続けられるのは大事です。

次に口径、これは覗いた先側の穴のサイズなのですがこれが大きいほど、光を集めることができるのでオペラグラスで見ているときの明るさが自然になります。

とはいえ、ここが広がると言うことは=レンズが大きくなる=重くなると言うことですのであまり大きさだけにこだわってもいけません。


ジャニーズコンサート オペラグラス <出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14148968394>
実際に光を集める効果を考えると、基本照明がかなり強いので20mm~29mmあたりで十分です。バラード系などで照明が暗くなるときには、モニターのほうを利用しましょう。


そして次にくるのが倍率。ここが肝で、倍率が大きければ大きいほうがいいものではないのがオペラグラス。倍率が高すぎるものは対象を見つけるのが大変になってしまうことも多く
顔をもっと近くで見たいのに他のファンの頭ばっかり見てしまっていた!なんてことになる可能性もあります。

基本的に倍率についてコンサートの利用では6倍~8倍のものが多く、10倍になってくると今度は倍率が大きすぎて司会が狭くなる可能性があります。

ドームクラスで距離が100mある場合には100÷8で12.5mまで近づいた距離で見ているのと同じ感覚になります。
これによって十分近くで見ているのと同様になるでしょう。倍率については、席の位置によって考えましょう。



いろいろあるけど、お勧めの商品は無いの?

オペラグラスの選び方について色々書いてきましたが、お勧めの商品って無いの?と思われたと思います。


簡単に価格別でコンサートに使用するのに便利なオペラグラスをご紹介したいと思います。

NASHICA 双眼鏡 SPIRIT
倍率8倍、口径21mm、重量165gで軽くてコンパクト!その上お値段も安い割りに性能もそこそこいいです。ただし、見た目などは値段相応ですので耐久力とか質感とかはあまり求めてはいけません。



PENTAX 双眼鏡 タンクローR
倍率8倍、口径21mm、重量210gとお手軽な一品。その軽さと明るい視野が得られる加工がしてあるのでコンサートで見るときに視野、質感ともに文句なしの一品です。



Vixen 双眼鏡 アリーナMシリーズ
倍率10倍、口径25mm、重量300gと少々重めですが、アルミダイキャスト製のボディの頑丈さと耐久性、眼鏡をつけた状態での使用にも対応していて覗いた時の明るさも十分、ワンランク上を考えるならこちらがお勧めです。



オペラグラスを選ぶときの気をつける事

最後に、この先もっと自分で調べてオペラグラスを購入する際に気をつけたほうがいいことをお伝えしたいと思います。


それは、倍率が高すぎるものと可変式のものを選ばないこと、コンサートに今後行く回数を考えて減価償却を考えること、出来れば家電量販店などで手にとってためしに覗けるお店で選ぶこと

それと…オペラグラスを使っている間は周りが見えないので気をつけること、それではよいコンサートライフを!

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!