トレタメ記事内画像について


3,197 views

南海キャンディーズ しずちゃんのボクシング人生

ボクシングに目覚めたきっかけは主演映画だった!

しずちゃんを見ても分かる通り、一般的な女性の体型と比べるとかなりの長身で体格もがっちりしているしずちゃんは、実はボクシングを本格的にする前にはボクササイズもしていました。これは自宅を事務所が近い東京に移した事で生活に変化があったから。東京にはボクシングジムが沢山あるんです。先輩芸人もボクシングにはまっている時期で、この事がきっかけで始めるようになりました。

その約1年後、偶然とはいい難いのですが、しずちゃんにボクサーの役で映画の主演オファーがきたのです。そこから更に練習にも力を入れるようになりました。



しずちゃん




まさかの引退宣言!?しずちゃんの道は続く!!


この映画の主演の為に、ボクシング指導をしてくれたのがアクションディレクターで、ボクシングコーチでもある梅津正彦さんでした。彼はしずちゃんに「どうせやるなら本気でやりましょうよ」と拍車をかけ、2人3脚で本気でプロのボクサーを目指し始めました。そんなしずちゃんが「目指すなら次のロンドンオリンピックですね」と密かに宣言しているエピソードもあります。

しかし、2人3脚で手を取り合いやってきた梅津正彦さんが、2012年にメラノーマという病気を発症している事が判明。その翌年には帰らぬ人となってしまいました。梅津さんは、病魔に侵されながらも可能な限り練習に付き合い、最期の時もしずちゃんに看取られながらこの世を去りました。



梅津正彦






当時の階級では対戦相手が見つからなかったしずちゃんがV4を獲得!

2009年にC級ライセンスを獲得していたしずちゃんは、ボクサーとして活躍する中で親愛なるトレーナーとの別れを経験。その後の活動にも更に積極的に取り組んでいたといいます。

目指していたロンドンオリンピックの開催時期は2012年でしたが、この時女子ボクシングがオリンピックの正式種目となった事で出場を目標にしていたんですね。選考会で惜しくも敗退し、オリンピック出場の夢は叶いませんでしたが、この時のしずちゃんの活躍が称えられ、日本女子アマチュアボクシング連盟から表彰されるという功績を残しました。


当時、日本にはしずちゃんと同じヘビー級で戦える女子の対戦相手が見つからず、なかなか試合をする事ができなかったという苦いエピソードがありました。同階級の選手がいない為自動的に勝ちが決まった試合もありましたが、2013年と2014年の2年間の間にはTKO勝ちした試合を含めて3連覇、そしてミドル級で参加が1人だった試合を含めて4連覇という実力を発揮した好成績を残しています。




しずちゃん




1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!