今日からサク読み!トレタメアプリ



近未来の人工知能に関するストーリー

舞台DNA-SHARAKUのストーリーは人工知能が人類の知能を超え、人類の終焉を招くという内容です。過去、現在、未来が交錯するストーリーを時代別に最新映像技術で表現します。

DNA-SHARAKU

近未来と江戸時代が交錯するタイムトラベル、SF作品とあって舞台をよく見に行く人も、なじみのない人でも新感覚で楽しむことができます。

ナオト・インティライミが初舞台初主演することでも話題となっており、シンガーである彼のファンにとっても彼の新たな魅力を発掘できる機会となります。

W主演の小関裕太とは


DNA-SHARAKUは創造する心を否定した人工知能による政府が江戸へタイムスリップし、危険人物の抹殺を繰り返しているという内容です。

W主演の小関裕太はアミューズ事務所に所属している俳優で、子役のころから活躍しています。

小関裕太

写真集を発売するなどモデルとしても活躍しているほど容姿端麗な顔立ちで、20代の若さながらもその実績と実力は将来大物俳優になると太鼓判を押されています。

ドラマや映画でも主演を務めており、ミュージカルや舞台の経験も豊富で映画の企画も務める等マルチな才能を発揮しています。

W主演ナオト・インティライミ

シンガーとして活躍しているナオト・インティライミ氏の新たな挑戦としても注目を浴びているミュージカルDNA-SHARAKUですが、映画デビュー、ドーム公演と数々の偉業を成し遂げてきたナオト・インティライミにとって、また一つ糧となり可能性を広げることのできるチャンスです。

ナオト・インティライミ

盤石なスタッフとキャストに囲まれて、武者震いがとまらないとインタービューで答えるほど興奮と期待が冷めやらぬナオト・インティライミですが、得意の歌声と演技力を生かしてまたファンをとりこにしてしまうはずです。

冲方丁のファンにとっても見逃せません


DNA-SHARAKU

小説天地明察を書き、シリーズ構成脚本を手がけたアニメ甲殻機動隊arise、その実績から小説家冲方丁が織りなすSFと時代劇との絡みの舞台DNA-SHARAKUは小説家冲方丁ファンにとっても見逃せない舞台となるはずです。

1 / 1

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!