星組のニューパワー!新人公演「こうもり」注目キャストの配役

北翔海莉さんが星組のトップスターになってから、2作目となる大劇場公演「こうもり」。

元々難曲の多さと笑いが融合するオペレッタを北翔さんが好きで、自身での上演も切望していたということでその願いがかなったこの公演でした。

しかしその新人公演に挑戦することになる若手ジェンヌにとっては、これまで経験したことのなかった芝居のリズムと曲を習得するのに苦労した模様です。

そんな中でも「こうもり」新人公演は好評を博していました。

星組若手の中でも注目株をひとりずつ紹介していきます。

主演ファルケ博士に紫藤りゅう

紫藤りゅう <出典:http://with-takarazuka.com/fairy/2016/05/>
「こうもり」は原作であるオペレッタより大幅な改変を加えています。

中でも大きな改変が主人公がアイゼンシュタイン侯爵からファルケ博士に変わっていること。

そのファルケを演じたのは、この舞台で新人公演初主演となる96期紫藤りゅうさんでした。

前回の新人公演「ガイズ&ドールズ」では、二番手ネイサンを演じ今回も笑いと真摯さを共存させた複雑な芝居を経験。

ファルケでは本役である北翔さんのためにつくられた役であることで、お芝居ではなかなか笑いをとれず苦労しているようにもみえましたが、その歌は品を保ちながら伸びやかに響き観客を魅了していました。

ヒロイン役アデーレに真彩希帆

真彩希帆 <出典:http://laughy.jp/item/56c3f2710cf2761181fe5d09>

ファルケ博士と初々しい恋に落ちる侯爵家の侍女アデーレに真彩希帆さん。

すでに何度も新人公演やバウ公演などでヒロインを演じ、歌唱力にも定評のある彼女ですからこの舞台ではもっとも安心してみていられたひとりだったかもしれません。

芝居の幅の広さが残る課題といえばもう少し相手役とのコミュニケーションがとれればといったところでしょうか。



二番手の侯爵役に綾凰華

綾鳳華 <出典:kageki.hankyu.co.jp>
原作では主人公であり、ファルケの「愉快な復讐」を一身に受けることになるアイゼンシュタイン侯爵にはこれまでもその立ち姿と、声の良さとダンスの実力から組ファンから注目のスターと目されてきましたが、この役でさらにスターとして上の位置へステップアップしていることがわかります。

本役紅さんのようなコミカルでいて、アドリブを多く出すような軽やかさはまだまだですが宝塚大劇場での新公では物語で重要になる手錠が外れてしまい、とっさの機転で切り抜けていました。

いわゆる95期世代が卒業してから星組としては初めての新人公演。

実力の高さが新たな時代の到来を感じさせてくれます。

これからも星組公演は期待大ですよ。

 

著者:Seikacat

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!