1,504 views


◆レッドタートル/ジブリはどれだけ関わっているか?


今回のレッドタートルの監督は、オランダ人のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが行いました。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットは、オランダ人ですが、イギリスを中心に活動しているアニメータで、短編映画をつくるのが得意。

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

長編映画を制作するのは、今回のレッドタートルが初めてです!

ジブリは、今まで宮﨑駿さんや宮崎吾朗さん、米林宏昌さんが監督を務めていましたが、レッドタートルに関しては、外国人が行うという異例(?)な選択をしました。

ジブリと共同制作という形で、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットに依頼。

元々、宮﨑駿さんがマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットの世界観を好んでいたことも大きな要因だと思います。

レッドタートル・宮﨑駿

レッドタートルは、人間性、自然への敬意、平和を思う感性などがテーマに組みこまれているようなので、そういった部分も意識して観てもらえたら、より楽しめると思います!

また、今回の制作には、大量の外国人スタッフが関わっていて、"ジブリ作品らしさ"が出るのかは、かなり疑問です。

予告編を観ればわかるように、今までのジブリ作品の雰囲気とはかなり違います。

ただ、作品の評価がよくなければ、ジブリの評価も下がることは間違えないですから、今回のレッドタートルは、ジブリにとってもかなり重要なものになるでしょう!

作品に対する期待度としては、正直そんなに高くない人が多いかもしれませんね・・・・。

僕も正直、"面白そう!"とか無責任なことは言えませんが・・・。

映画は、世界観によって好き嫌いは別れるのはしょうがないので、もし興味を持った方は、映画館に足を運んでみてください!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!