8,064 views

キリッと凛々しい、奏碧タケル

奏碧タケル出典:©宝塚歌劇団 公式HP 星組・奏碧タケルよりすっきりとした面差しが男役向き。

研究科3年でそれほど大きな役はついていないですが、そろそろ目立つ役も欲しいところ。今回の作品での活躍が楽しみです。

歌声に期待、夕陽真輝

夕陽真輝出典:©宝塚歌劇団 公式HP 星組・夕陽真輝より研究科4年の男役の夕陽さん。

それほど目立つ役はまだついていませんが、「宝塚おとめ」のプロフィールで、演じてみたい役として、「舞台上でたくさん歌いたい」と答えていました。

もしかしたら歌が得意なのかも!今回のショーで、美声を聞かせてくれるかもしれませんね。

主演も経験、勇ましい極美慎

極美慎出典:©宝塚歌劇団 公式HP 星組・極美慎より超小顔な上、175cmという長身。スタイル抜群で、雪組トップスターだった壮一帆さんを彷彿とさせる容姿。

2017年の『ベルリン、わが愛』の新人公演で初主演を飾りました。

ちなみに100期生の中でも主演のトップバッターとなりました。まだ研究科5年でありながら、新人公演で数々の大役を演じているので、今回の作品でもきっと大きな役割を果たすはず!

おそらく三番手、四番手の扱いではないかと思われます。

落ち着きと華やぎが共存、桜庭舞

桜庭舞出典:©宝塚歌劇団 公式HP 星組・桜庭舞より雪組から組替えで星組に加わった桜庭さん。華やかな笑顔が印象的です。

まだ星組に来て1作のみの経験で、これからの扱いが気になる娘役の一人です。

『ANOTHER WORLD』の新人公演では音波みのりさんの役を演じました。ヒロイン路線に乗れるのかという瀬戸際なのかも?

このショーでもどのような扱いになるのか気になるところです。


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!