3,065 views

THREE LIGHTS DOWN KINGSが繰り出すブチ上がりデジロックの新世界

最近様々な音楽イベントで目にするTHREE LIGHTS DOWN KINGSとは、ここ数年で一気に全国区へ駆け上がったライブハウス生まれライブハウス育ちのデジロックバンドです。

 

今まさに若手から中堅へ進化しつつある、THREE LIGHTS DOWN KINGSのメンバープロフィールや楽曲紹介を通して、その世界に迫ります。

THREE LIGHTS DOWN KINGSのメンバー構成

THREE LIGHTS DOWN KINGS <出典:okmusic.jp>
THREE LIGHTS DOWN KINGSは2007年にその産声を上げ、名古屋のライブハウスで日本全国から集まるツアーバンドたちと共演しながら実力を高めてきました。

 
メンバープロフィールとしては、楽曲紹介に欠かせないボーカルのグリエルモコーイチを中心にして、サウンドの軸となるユーヤのギターとプログラミング、そしてスクリームが夜を熱くします。そして踊れるダンサブルナンバーを奏でるジューンエムのベースとノリのドラムサウンドがあってこそ、名古屋バンドシーンの中から頭一つ飛び抜けて今の人気を掴み取りました。

爆発力ある踊れる楽曲


THREE LIGHTS DOWN KINGSのメンバーが放つ楽曲紹介をするなら欠かせないのは、現代ならではのバンドサウンドとデジタルサウンドの融合に注目することです。

 

古くからバンドとデジタルの融合に挑戦してきたバンドはありましたが、現代的なデジタルサウンドを積極的に取り入れて「今」を切り取るかのようなデジタルバンドサウンドを完成させられるのは、THREE LIGHTS DOWN KINGSを除いて他にいません。

 
スピーカーから流れ出るうねるダンスビートと変幻自在のシーケンスサウンドを一度耳にすれば、体が勝手に踊り出すでしょう。

 


THREE LIGHTS DOWN KINGSメンバーのメロラインに注目

THREE LIGHTS DOWN KINGSにはメンバーにスクリーム担当がいることから、ラウドロックとしての激しいイメージが先行することもあるでしょう。

 

もちろん、スクリームが生み出すアジテーション的な感覚は空間をライブハウスに変えるだけの力があり、一瞬にしてテンションを高めてくれます。ですがそればかりではなく、ボーカルとコーラスライン、そしてシーケンスのメロディーラインに耳を傾けてみると、スクリームとのコンビネーションでよりメロディーが際立って聞こえてきます。

 

激しさばかりでなく心揺さぶるメロディーがTHREE LIGHTS DOWN KINGSの音楽にあるのは、心に響く音楽が求められるライブハウスで長年ライブを重ねてきた実力があるからです。

THREE LIGHTS DOWN KINGSのメンバーの化学反応は必聴

THREE LIGHTS DOWN KINGS <出典:okmusic.jp>
THREE LIGHTS DOWN KINGSはメンバーの立ち位置がメロディーからリズムまでしっかりと分かれていて、今まで生み出されることのなかった新たな音楽を完成させています。

 

それぞれのメンバーが織り成す化学反応に注目すれば、楽曲紹介の中で触れたメロディーやダンスビートの意味は一瞬で体感できるでしょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!