今日からサク読み!トレタメアプリ


約一万人に一人の確率で発症するという、先天性の小眼球症に悩まされた盲目のピアニスト・辻井伸行さん。光を知らない彼が奏でる音色は、抱えているはずの闇に反し、流れる川面のように美麗さで聴く者を魅了します。

上手い演奏は数あれど、心を爪弾く音色を奏でる。そんな彼の人生とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

辻井伸行


類まれなる『耳』が与えられた幼少期

辻井伸行さんの幼少期は、音楽と共にあったといっても過言ではないでしょう。彼はピアニスト『スタニスラフ・ブーニン』の奏でる『英雄ポロネーズ』を聞くと、手を叩いて喜んでいたそうです。しかしある日、あまりにも聞きすぎていたため擦り切れてしまったCD。

同じく『英雄ポロネーズ』を買ってきて聞かせてみせても、以前のように喜びません。両親はそこで、奏者が違うことに気付いたそうです。

まだ言葉も話せない子供の時期に、既に耳から得る感性が豊かだったのです。


英雄ポロネーズ




1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

クラシックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!