今日からサク読み!トレタメアプリ


雪組2番手スターであり、宝塚歌劇団を代表する「色気」の持ち主である望海風斗さん。

「ドン・ジュアン」のようなクセのあるダークな男を演じさせたら天下一品。ショーでも甘い歌声を武器にそのセクシーさでファンを虜にし続けています。

そんな望海風斗さんが作り上げる「男役」が一体どう作り上げられたのか、ご本人とのキャラクターとのギャップも合わせて徹底解剖します!

「もっと男役を頑張りたい」研5で手にした“やる気スイッチ”

望海風斗
出典:©宝塚歌劇団
2016年 雪組公演『私立探偵ケイレブ・ハント』『Greatest HITS!』より

望海風斗さんは、2003年に宝塚歌劇団に入団、まもなく花組に配属されました。

入団当初から高い歌唱力と美貌で注目されていましたが、意外にも、新人公演で初主演を務めたのは研6の時(2009年「太王四神記」)。

実際、望海さんが「男役をもっと頑張りたい」という“やる気スイッチ”が入ったのは研5の時だったそうです。

その当時の様子についてインタビューでこう語っています。

「研5の時ですね。男役10年の半分来たのに、これではいけないって思って。
当時、先生からは何をやっても叱られるし、男役って何なのか分からなくなっていたときに
真飛聖さんに相談させていただいたら、「自分の目指す男役を見つけていかないと」
と言われたんですよね。それでまず目標を決めなきゃと思って」
出典:©Nikkei Business Publications, Inc.『日経WOMAN2016年7月号』より引用


こうして望海さんは、目標を「あと2年のうちに新人公演で主演をする!」と決めたそうです。

そこからやる気スイッチのはいった望海さん。稽古場でも上級生の目に留まるようにアピールしていったそう。

望海さんが演じた「アル・カポネ」のように、ご自身にもこうした下積み時代があったのですね!

1 2 3 4 5>>

1 / 5

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団雪組望海風斗

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!